2017年12月のテーマ

「いじめ」から子供達を守れるか?

10月26日文部科学省は全国の学校を対象にした生徒指導上の課題(2016年度)に関する調査結果を発表。いじめ認知件数が過去最多を更新する32万3,808件となったことが分かりました。但し、いじめを認知した学校は全体の68.3%30.7%の学校はいじめがなかったと回答しています。2015年に起きた茨城県取手市の中学生自殺事件では、学校や教育委員会は、今年文部科学省に指導を受けるまで、生徒や両親の証言を無視しいじめを認めていませんでした。まだ真相が解明されず、学校や教育委員会により闇に葬り去られているいじめが、多数存在するかも知れません。

Copyright © Resorttrust All Rights Reserved.