観光スポット&モデルコース

ご覧になりたい観光スポット画像をクリック↓
◆アート&カルチャー

大塚国際美術館

徳島県立近代美術館

徳島県立近代美術館

阿波おどり会館

藍の館

阿波十郎兵衛屋敷

あすたむらんど徳島

ドイツ館

大鳴門橋架橋記念館エディ
◆アート&カルチャー

大塚国際美術館

徳島県立近代美術館

徳島県立近代美術館

阿波おどり会館

藍の館

阿波十郎兵衛屋敷

あすたむらんど徳島

ドイツ館

大鳴門橋架橋記念館エディ
◆アート&カルチャー

大塚国際美術館

徳島県立近代美術館

徳島県立近代美術館

阿波おどり会館

藍の館

阿波十郎兵衛屋敷

あすたむらんど徳島

ドイツ館

大鳴門橋架橋記念館エディ
自然現象・特殊地形

鳴門の渦潮
本日の渦の時間
阿波の土柱
 

※写真はイメージです。
自然現象・特殊地形

鳴門の渦潮
本日の渦の時間
阿波の土柱
 

※写真はイメージです。
自然現象・特殊地形

鳴門の渦潮
本日の渦の時間
阿波の土柱
 

※写真はイメージです。

名橋浪漫

想いをつなぐ夢の架け橋へ
マイリゾート掲載観光地

人と人をつなぎ、風景と風景を結び、通る人びとの想いを運ぶ橋。
古くは「間」と書くことが多くやがて、その両端を表す”はし”が
構造物そのものの呼び名となっていったといわれています。
橋の上に立つ時、まだ見ぬ世界へと誘われるかのような
期待感が湧き起こるのは、そこが何かにつながる場所だからなのでしょう。

マイリゾート掲載観光地

人と人をつなぎ、風景と風景を結び、通る人びとの想いを運ぶ橋。
古くは「間」と書くことが多くやがて、その両端を表す”はし”が
構造物そのものの呼び名となっていったといわれています。
橋の上に立つ時、まだ見ぬ世界へと誘われるかのような
期待感が湧き起こるのは、そこが何かにつながる場所だからなのでしょう。

マイリゾート掲載観光地

人と人をつなぎ、風景と風景を結び、通る人びとの想いを運ぶ橋。
古くは「間」と書くことが多くやがて、その両端を表す”はし”が
構造物そのものの呼び名となっていったといわれています。
橋の上に立つ時、まだ見ぬ世界へと誘われるかのような
期待感が湧き起こるのは、そこが何かにつながる場所だからなのでしょう。

祖谷(いや)のかずら橋
日本の吊り橋の原型を伝える橋で秘境の四季を体験する
祖谷(いや)のかずら橋
日本の吊り橋の原型を伝える橋で秘境の四季を体験する
祖谷(いや)のかずら橋
日本の吊り橋の原型を伝える橋で秘境の四季を体験する
平家の落人伝説が残る徳島県の祖谷地方に日本における吊り橋の原型を今に伝える橋がございます。
この橋の材料にシラクチカズラのつるが使われているいることから「かずらはし」。全長45mありますが、幅はわずか2mほど。ゆらゆらと揺れる橋を渡りながら下を見ると足元から14m下の谷底が透けて見えます。そのスリルがいつしか空中を浮かびながら散歩しているような浮遊感にかわっていくのは、周囲の大自然と森の魔力に魅了された証です。阿波の秘境ならでは四季を体験してみてはいかがでしょうか
平家の落人伝説が残る徳島県の祖谷地方に日本における吊り橋の原型を今に伝える橋がございます。
この橋の材料にシラクチカズラのつるが使われているいることから「かずらはし」。全長45mありますが、幅はわずか2mほど。ゆらゆらと揺れる橋を渡りながら下を見ると足元から14m下の谷底が透けて見えます。そのスリルがいつしか空中を浮かびながら散歩しているような浮遊感にかわっていくのは、周囲の大自然と森の魔力に魅了された証です。阿波の秘境ならでは四季を体験してみてはいかがでしょうか
平家の落人伝説が残る徳島県の祖谷地方に日本における吊り橋の原型を今に伝える橋がございます。
この橋の材料にシラクチカズラのつるが使われているいることから「かずらはし」。全長45mありますが、幅はわずか2mほど。ゆらゆらと揺れる橋を渡りながら下を見ると足元から14m下の谷底が透けて見えます。そのスリルがいつしか空中を浮かびながら散歩しているような浮遊感にかわっていくのは、周囲の大自然と森の魔力に魅了された証です。阿波の秘境ならでは四季を体験してみてはいかがでしょうか
グランドエクシブ鳴門より車で約2時間10分
徳島県三好市祖谷山村善徳162-2
グランドエクシブ鳴門より車で約2時間10分
徳島県三好市祖谷山村善徳162-2
グランドエクシブ鳴門より車で約2時間10分
徳島県三好市祖谷山村善徳162-2

天使の散歩道

海の道を渡る不思議体験
1日回、海の中から沖に浮かぶ島へと続く道が現れる・・・。
そんな不思議な現象が現れるのは、瀬戸内海の島々の中で淡路島に次ぐ大きさの小豆島。その西部の海岸に奇跡のようにおよそ150mの道が出現するのです。”大切な人と手をつないで渡ると、道の真ん中に天使が舞い降りてきて願いを叶えてくれる”といわれ、「天使の散歩道(エンジェルロード)」と呼ばれるようになりました。このロマンチックな砂の道が現れるのは干潮時刻を挟んだ焼く4〜5時間。「天使の散歩道」の真ん中に佇み、恋の成就に限らす、今、叶えたい夢を空に祈ってみてはいかがでしょうか?
1日回、海の中から沖に浮かぶ島へと続く道が現れる・・・。
そんな不思議な現象が現れるのは、瀬戸内海の島々の中で淡路島に次ぐ大きさの小豆島。その西部の海岸に奇跡のようにおよそ150mの道が出現するのです。”大切な人と手をつないで渡ると、道の真ん中に天使が舞い降りてきて願いを叶えてくれる”といわれ、「天使の散歩道(エンジェルロード)」と呼ばれるようになりました。このロマンチックな砂の道が現れるのは干潮時刻を挟んだ焼く4〜5時間。「天使の散歩道」の真ん中に佇み、恋の成就に限らす、今、叶えたい夢を空に祈ってみてはいかがでしょうか?
1日回、海の中から沖に浮かぶ島へと続く道が現れる・・・。
そんな不思議な現象が現れるのは、瀬戸内海の島々の中で淡路島に次ぐ大きさの小豆島。その西部の海岸に奇跡のようにおよそ150mの道が出現するのです。”大切な人と手をつないで渡ると、道の真ん中に天使が舞い降りてきて願いを叶えてくれる”といわれ、「天使の散歩道(エンジェルロード)」と呼ばれるようになりました。このロマンチックな砂の道が現れるのは干潮時刻を挟んだ焼く4〜5時間。「天使の散歩道」の真ん中に佇み、恋の成就に限らす、今、叶えたい夢を空に祈ってみてはいかがでしょうか?

【場所】
香川県小豆島土庄町銀波浦
◆グランドエクシブ鳴門より高松港まで
車で約1時間、高速艇で土庄港まで約30分・フェリーで土庄港まで約60分
土庄港から現地まえバス・車で約10分


【場所】
香川県小豆島土庄町銀波浦
◆グランドエクシブ鳴門より高松港まで
車で約1時間、高速艇で土庄港まで約30分・フェリーで土庄港まで約60分
土庄港から現地まえバス・車で約10分


【場所】
香川県小豆島土庄町銀波浦
◆グランドエクシブ鳴門より高松港まで
車で約1時間、高速艇で土庄港まで約30分・フェリーで土庄港まで約60分
土庄港から現地まえバス・車で約10分

轟の滝

日本の滝百選、四国一の大滝です滝
たどり着くことのできない滝

轟の滝は徳島県海陽町という、四国でも一番南東部のなかなかたどり着けない場所にあります。高速道路が無いので徳島市内からも何時間もかかってしまうような場所です。なかなかたどり着くことができないからこそ、かなり神秘的で最強のパワースポットです。

落差:58m
住所:海部郡海陽町平井
お問合せ:海陽町産業観光課
 TEL:0884-76-1511
詳しくはコチラ⇒轟の滝
たどり着くことのできない滝

轟の滝は徳島県海陽町という、四国でも一番南東部のなかなかたどり着けない場所にあります。高速道路が無いので徳島市内からも何時間もかかってしまうような場所です。なかなかたどり着くことができないからこそ、かなり神秘的で最強のパワースポットです。

落差:58m
住所:海部郡海陽町平井
お問合せ:海陽町産業観光課
 TEL:0884-76-1511
詳しくはコチラ⇒轟の滝
たどり着くことのできない滝

轟の滝は徳島県海陽町という、四国でも一番南東部のなかなかたどり着けない場所にあります。高速道路が無いので徳島市内からも何時間もかかってしまうような場所です。なかなかたどり着くことができないからこそ、かなり神秘的で最強のパワースポットです。

落差:58m
住所:海部郡海陽町平井
お問合せ:海陽町産業観光課
 TEL:0884-76-1511
詳しくはコチラ⇒轟の滝

つつじの花スポット

船窪つつじ公園
高越山の南側尾根、標高1,050mの地点に、樹齢300年以上のツツジが自然群生しています。4月下旬からは紅紫色のゴバノミツバツツジとトサノミツバツツジ、5月中旬から下旬にかけてはレンガ色のオンツツジが美しい花をつける。3種1,200本のツツジが自生しており、オンツツジの群生地として国の天然記念物に指定されています。
見頃5月中旬〜下旬
場所吉野川市山川町奥野井
アクセスホテルからお車で約100分

船窪つつじ公園
高越山の南側尾根、標高1,050mの地点に、樹齢300年以上のツツジが自然群生しています。4月下旬からは紅紫色のゴバノミツバツツジとトサノミツバツツジ、5月中旬から下旬にかけてはレンガ色のオンツツジが美しい花をつける。3種1,200本のツツジが自生しており、オンツツジの群生地として国の天然記念物に指定されています。
見頃5月中旬〜下旬
場所吉野川市山川町奥野井
アクセスホテルからお車で約100分

船窪つつじ公園
高越山の南側尾根、標高1,050mの地点に、樹齢300年以上のツツジが自然群生しています。4月下旬からは紅紫色のゴバノミツバツツジとトサノミツバツツジ、5月中旬から下旬にかけてはレンガ色のオンツツジが美しい花をつける。3種1,200本のツツジが自生しており、オンツツジの群生地として国の天然記念物に指定されています。
見頃5月中旬〜下旬
場所吉野川市山川町奥野井
アクセスホテルからお車で約100分

椎宮八幡神社のつつじ

「しいのみやさん」の愛称で親しまれている南佐古の椎宮八幡神社では、毎年4月下旬から5月初旬にかけて、約3000本のツツジが見事に赤や白、ピンクの花を咲かせ、訪れる人を魅了します。
特に東側斜面は圧巻。本殿へ続く遊歩道には左右から枝が張り出し、ツツジのトンネルのようです。
ツツジは、大正末期から少しずつ植えはじめられ、昭和3年に地元住民の発案で約1400本、昭和60年代初めころにはさらに約1800本が植えられたそうです。
見頃4月下旬〜5月初旬
場所徳島市南佐古七番町
アクセスホテルからお車で約50分
椎宮八幡神社のつつじ

「しいのみやさん」の愛称で親しまれている南佐古の椎宮八幡神社では、毎年4月下旬から5月初旬にかけて、約3000本のツツジが見事に赤や白、ピンクの花を咲かせ、訪れる人を魅了します。
特に東側斜面は圧巻。本殿へ続く遊歩道には左右から枝が張り出し、ツツジのトンネルのようです。
ツツジは、大正末期から少しずつ植えはじめられ、昭和3年に地元住民の発案で約1400本、昭和60年代初めころにはさらに約1800本が植えられたそうです。
見頃4月下旬〜5月初旬
場所徳島市南佐古七番町
アクセスホテルからお車で約50分
椎宮八幡神社のつつじ

「しいのみやさん」の愛称で親しまれている南佐古の椎宮八幡神社では、毎年4月下旬から5月初旬にかけて、約3000本のツツジが見事に赤や白、ピンクの花を咲かせ、訪れる人を魅了します。
特に東側斜面は圧巻。本殿へ続く遊歩道には左右から枝が張り出し、ツツジのトンネルのようです。
ツツジは、大正末期から少しずつ植えはじめられ、昭和3年に地元住民の発案で約1400本、昭和60年代初めころにはさらに約1800本が植えられたそうです。
見頃4月下旬〜5月初旬
場所徳島市南佐古七番町
アクセスホテルからお車で約50分