ホテルスタッフ富士登山体験記パート2
【富士宮口編】〜前半戦〜
2018年8月12日

夏のエクシブ山中湖の宿泊目的とする方も多い「富士登山」。この富士登山の実体験レポートをしよう!と8月12日に登山初心者・エクシブ山中湖の名物企画スタッフの中嶋が、今シーズン2度目の富士登山へチャレンジしてきました!

富士登山の玄関口となるのが五合目ですが、この五合目は大きく分けて富士宮口、富士吉田口、須走口、御殿場口の4つに分かれます。
一番登山者が多いのは富士吉田口、次いで富士宮口、須走口の順で、今回選んだのは富士宮口です!
登山シーズンはいずれの五合目もマイカー規制が行われていて、基本的にバスかタクシーでないと行けないため、まずは富士宮口の玄関口である「水ケ塚(みずがづか)公園」に向かいました。朝7:00に「マイカー規制乗換駐車場」へ駐車。ここで1000円の駐車代を支払います。お盆だけあって駐車場はかなりの混雑ぶりでした!
富士登山の玄関口となるのが五合目ですが、この五合目は大きく分けて富士宮口、富士吉田口、須走口、御殿場口の4つに分かれます。
一番登山者が多いのは富士吉田口、次いで富士宮口、須走口の順で、今回選んだのは富士宮口です!
登山シーズンはいずれの五合目もマイカー規制が行われていて、基本的にバスかタクシーでないと行けないため、まずは富士宮口の玄関口である「水ケ塚(みずがづか)公園」に向かいました。朝7:00に「マイカー規制乗換駐車場」へ駐車。ここで1000円の駐車代を支払います。お盆だけあって駐車場はかなりの混雑ぶりでした!
富士登山の玄関口となるのが五合目ですが、この五合目は大きく分けて富士宮口、富士吉田口、須走口、御殿場口の4つに分かれます。
一番登山者が多いのは富士吉田口、次いで富士宮口、須走口の順で、今回選んだのは富士宮口です!
登山シーズンはいずれの五合目もマイカー規制が行われていて、基本的にバスかタクシーでないと行けないため、まずは富士宮口の玄関口である「水ケ塚(みずがづか)公園」に向かいました。朝7:00に「マイカー規制乗換駐車場」へ駐車。ここで1000円の駐車代を支払います。お盆だけあって駐車場はかなりの混雑ぶりでした!
「水ケ塚(みずがづか)公園」からは、本来、ご覧のような宝永山の火口を真正面に見ることができるのですが、今朝はごらんの曇り空でした。
「水ケ塚(みずがづか)公園」からは、本来、ご覧のような宝永山の火口を真正面に見ることができるのですが、今朝はごらんの曇り空でした。
「水ケ塚(みずがづか)公園」からは、本来、ご覧のような宝永山の火口を真正面に見ることができるのですが、今朝はごらんの曇り空でした。
駐車場からすぐ近くのバス降車場所に行き、往復のバスチケット(料金:1,800円)を購入します。前回の須走口は朝イチだったのでかなりの混雑ぶりでしたが、今回は6:00の始発から1時間30分後の7:30発だったので即、乗車できました。ちなみに五合目より上はトイレが有料(200円〜300円)となりますので、必ずこちらでお手洗いを済ませることをおすすめします。
駐車場からすぐ近くのバス降車場所に行き、往復のバスチケット(料金:1,800円)を購入します。前回の須走口は朝イチだったのでかなりの混雑ぶりでしたが、今回は6:00の始発から1時間30分後の7:30発だったので即、乗車できました。ちなみに五合目より上はトイレが有料(200円〜300円)となりますので、必ずこちらでお手洗いを済ませることをおすすめします。
駐車場からすぐ近くのバス降車場所に行き、往復のバスチケット(料金:1,800円)を購入します。前回の須走口は朝イチだったのでかなりの混雑ぶりでしたが、今回は6:00の始発から1時間30分後の7:30発だったので即、乗車できました。ちなみに五合目より上はトイレが有料(200円〜300円)となりますので、必ずこちらでお手洗いを済ませることをおすすめします。
こちらが、「水ケ塚(みずがづか)公園」発のバスの時刻表です。時間帯によっては1時間に1本となりますのでご注意ください。
こちらが、「水ケ塚(みずがづか)公園」発のバスの時刻表です。時間帯によっては1時間に1本となりますのでご注意ください。
こちらが、「水ケ塚(みずがづか)公園」発のバスの時刻表です。時間帯によっては1時間に1本となりますのでご注意ください。
8:00に標高2400mの五合目に到着するとそこは雲の上!下には雲海が広がっていました!気温は12℃でひんやりしていました。
8:00に標高2400mの五合目に到着するとそこは雲の上!下には雲海が広がっていました!気温は12℃でひんやりしていました。
8:00に標高2400mの五合目に到着するとそこは雲の上!下には雲海が広がっていました!気温は12℃でひんやりしていました。
五合目の気圧に順応させつつ8:15にいよいよ出発!まずは登山道の入口で「富士山保全協力金」1,000円をお支払い。パンフレットと缶バッチをいただきます。
五合目の気圧に順応させつつ8:15にいよいよ出発!まずは登山道の入口で「富士山保全協力金」1,000円をお支払い。パンフレットと缶バッチをいただきます。
五合目の気圧に順応させつつ8:15にいよいよ出発!まずは登山道の入口で「富士山保全協力金」1,000円をお支払い。パンフレットと缶バッチをいただきます。
須走口は赤色の缶バッチでしたが、富士宮口は青色の缶バッチでした。ほかの登山道はまたアイテムが異なりますので、そのあたりも楽しみですね!
須走口は赤色の缶バッチでしたが、富士宮口は青色の缶バッチでした。ほかの登山道はまたアイテムが異なりますので、そのあたりも楽しみですね!
須走口は赤色の缶バッチでしたが、富士宮口は青色の缶バッチでした。ほかの登山道はまたアイテムが異なりますので、そのあたりも楽しみですね!
またほぼ登山初心者の私の今回の服装ですが、前回の須走口の時にはTシャツ1枚で山頂まで行けてしまったので今回もTシャツ1枚に下はチノパン1枚。靴は昨年、スニーカーで登って砂利がいっぱい入って痛い目を見ましたので、今回は登山靴でしっかり装備。あと怪我防止のため、手袋(軍手でもOK)をはめています。さらに今回は前回の反省でリュックを登山用に新調し、さらに金剛杖を2本体制にして4つ足歩行で安定感を増していきます。
またほぼ登山初心者の私の今回の服装ですが、前回の須走口の時にはTシャツ1枚で山頂まで行けてしまったので今回もTシャツ1枚に下はチノパン1枚。靴は昨年、スニーカーで登って砂利がいっぱい入って痛い目を見ましたので、今回は登山靴でしっかり装備。あと怪我防止のため、手袋(軍手でもOK)をはめています。さらに今回は前回の反省でリュックを登山用に新調し、さらに金剛杖を2本体制にして4つ足歩行で安定感を増していきます。
またほぼ登山初心者の私の今回の服装ですが、前回の須走口の時にはTシャツ1枚で山頂まで行けてしまったので今回もTシャツ1枚に下はチノパン1枚。靴は昨年、スニーカーで登って砂利がいっぱい入って痛い目を見ましたので、今回は登山靴でしっかり装備。あと怪我防止のため、手袋(軍手でもOK)をはめています。さらに今回は前回の反省でリュックを登山用に新調し、さらに金剛杖を2本体制にして4つ足歩行で安定感を増していきます。
今回も手に携えるのは富士山必須アイテム“金剛杖”! この金剛杖は、その昔、富士山が信仰の山だった頃、六根清浄を唱えながら修験者たちは富士山を金剛杖をついて歩いていました。そしてこの杖に着ける鈴は、「富士山を開山したとされる役行者が霧で道を失ったとき、鈴の音で霧を晴らした」という伝説からくる縁起物なんです!この金剛杖に山頂までの各山小屋で焼印を押してもらうのが富士登山者の楽しみでもあります。ちなみに焼印をよく見ると・・・
そう、エクシブ山中湖オリジナルの焼印なんです!そして須走口五合目の「東富士山荘」さんのご協力のもと、オリジナル金剛杖を今回夏の特別プランの特典にしちゃいました!是非、プランのご利用もお待ちしています!また単品でも1,100円で販売してますので記念にお買い求めください♪
今回も手に携えるのは富士山必須アイテム“金剛杖”! この金剛杖は、その昔、富士山が信仰の山だった頃、六根清浄を唱えながら修験者たちは富士山を金剛杖をついて歩いていました。そしてこの杖に着ける鈴は、「富士山を開山したとされる役行者が霧で道を失ったとき、鈴の音で霧を晴らした」という伝説からくる縁起物なんです!この金剛杖に山頂までの各山小屋で焼印を押してもらうのが富士登山者の楽しみでもあります。ちなみに焼印をよく見ると・・・
そう、エクシブ山中湖オリジナルの焼印なんです!そして須走口五合目の「東富士山荘」さんのご協力のもと、オリジナル金剛杖を今回夏の特別プランの特典にしちゃいました!是非、プランのご利用もお待ちしています!また単品でも1,100円で販売してますので記念にお買い求めください♪
今回も手に携えるのは富士山必須アイテム“金剛杖”! この金剛杖は、その昔、富士山が信仰の山だった頃、六根清浄を唱えながら修験者たちは富士山を金剛杖をついて歩いていました。そしてこの杖に着ける鈴は、「富士山を開山したとされる役行者が霧で道を失ったとき、鈴の音で霧を晴らした」という伝説からくる縁起物なんです!この金剛杖に山頂までの各山小屋で焼印を押してもらうのが富士登山者の楽しみでもあります。ちなみに焼印をよく見ると・・・
そう、エクシブ山中湖オリジナルの焼印なんです!そして須走口五合目の「東富士山荘」さんのご協力のもと、オリジナル金剛杖を今回夏の特別プランの特典にしちゃいました!是非、プランのご利用もお待ちしています!また単品でも1,100円で販売してますので記念にお買い求めください♪
8:15さぁ、では出発です!登山道の入口では須走口同様、外来植物を入れないように、足マットが敷かれています。
8:15さぁ、では出発です!登山道の入口では須走口同様、外来植物を入れないように、足マットが敷かれています。
8:15さぁ、では出発です!登山道の入口では須走口同様、外来植物を入れないように、足マットが敷かれています。
こちらは入口にある案内看板。本日までの遭難者11件 死者2名 負傷者9名って・・・外国人客も増え、観光化されてきてはいますが、やはり日本一の山ですので油断は禁物です。
こちらは入口にある案内看板。本日までの遭難者11件 死者2名 負傷者9名って・・・外国人客も増え、観光化されてきてはいますが、やはり日本一の山ですので油断は禁物です。
こちらは入口にある案内看板。本日までの遭難者11件 死者2名 負傷者9名って・・・外国人客も増え、観光化されてきてはいますが、やはり日本一の山ですので油断は禁物です。
富士宮口の五合目は標高2400mにあり、ほかの登山道と比べても富士吉田口2300m、須走口2000m、御殿場口1500mと標高も一番高いので一番初心者向きです。
富士宮口の五合目は標高2400mにあり、ほかの登山道と比べても富士吉田口2300m、須走口2000m、御殿場口1500mと標高も一番高いので一番初心者向きです。
富士宮口の五合目は標高2400mにあり、ほかの登山道と比べても富士吉田口2300m、須走口2000m、御殿場口1500mと標高も一番高いので一番初心者向きです。
歩き始めて15分。8:30に標高2500mの六合目の雲海荘に到着です。須走口の時は六合目まで70分かかったことを考えると随分と最初は楽チンです。
歩き始めて15分。8:30に標高2500mの六合目の雲海荘に到着です。須走口の時は六合目まで70分かかったことを考えると随分と最初は楽チンです。
歩き始めて15分。8:30に標高2500mの六合目の雲海荘に到着です。須走口の時は六合目まで70分かかったことを考えると随分と最初は楽チンです。
六合目の自動販売機の料金はこちらです。500mlのペットボトルが300えんです。
六合目の自動販売機の料金はこちらです。500mlのペットボトルが300えんです。
六合目の自動販売機の料金はこちらです。500mlのペットボトルが300えんです。
富士宮口はほかの登山道と比べて、唯一登山道と下山道が分かれておらず、同じ道を行き来するので、ところどころ狭い部分は登山者と下山者が譲り合う部分が出てきますのでご注意ください。
富士宮口はほかの登山道と比べて、唯一登山道と下山道が分かれておらず、同じ道を行き来するので、ところどころ狭い部分は登山者と下山者が譲り合う部分が出てきますのでご注意ください。
富士宮口はほかの登山道と比べて、唯一登山道と下山道が分かれておらず、同じ道を行き来するので、ところどころ狭い部分は登山者と下山者が譲り合う部分が出てきますのでご注意ください。
ようやく次の山小屋が見えてきました!このもう少しで到着!という思いは登山者を元気づけてくれます!
ようやく次の山小屋が見えてきました!このもう少しで到着!という思いは登山者を元気づけてくれます!
ようやく次の山小屋が見えてきました!このもう少しで到着!という思いは登山者を元気づけてくれます!
続いて35分ほどで9:10に標高2780mの新七合目の御来光館に到着。
続いて35分ほどで9:10に標高2780mの新七合目の御来光館に到着。
続いて35分ほどで9:10に標高2780mの新七合目の御来光館に到着。
富士宮口の山小屋はご覧のように比較的、山小屋前のスペースが狭いのでほかの登山道と比べて休みづらいのがタマに傷です。
富士宮口の山小屋はご覧のように比較的、山小屋前のスペースが狭いのでほかの登山道と比べて休みづらいのがタマに傷です。
富士宮口の山小屋はご覧のように比較的、山小屋前のスペースが狭いのでほかの登山道と比べて休みづらいのがタマに傷です。
山小屋前のスペースが狭いので富士宮口は山小屋の出口に比較的広いスペースが多く、登山者の溜まり場になっています。
山小屋前のスペースが狭いので富士宮口は山小屋の出口に比較的広いスペースが多く、登山者の溜まり場になっています。
山小屋前のスペースが狭いので富士宮口は山小屋の出口に比較的広いスペースが多く、登山者の溜まり場になっています。
新七合目の御来光館から見た山頂はまだまだ先・・・ただ、目の前に山小屋が見えるだけでも目標となります!

後半戦へ続く・・・
新七合目の御来光館から見た山頂はまだまだ先・・・ただ、目の前に山小屋が見えるだけでも目標となります!

後半戦へ続く・・・
新七合目の御来光館から見た山頂はまだまだ先・・・ただ、目の前に山小屋が見えるだけでも目標となります!

後半戦へ続く・・・

ホテルスタッフ富士登山体験記パート2
【富士宮口編】〜後半戦〜
2018年8月12日

夏のエクシブ山中湖の宿泊目的とする方も多い「富士登山」。この富士登山の実体験レポートをしよう!と8月12日に今シーズン2度目の富士登山の登山初心者・エクシブ山中湖の名物企画スタッフの中嶋がチャレンジしてきました!
今回は後半戦です。


新七合目で5分休憩後、9:50に標高3010mの元祖七合目の山口山荘に到着しました。
新七合目で5分休憩後、9:50に標高3010mの元祖七合目の山口山荘に到着しました。
新七合目で5分休憩後、9:50に標高3010mの元祖七合目の山口山荘に到着しました。
山小屋に到着するたびに金剛杖に焼印を押してもらいます。焼印の押し方一つでも、押し方に違いがあり、興味深く、デザインもまちまち。さらに平成最後の焼印も入って良い記念になります。この焼印を集めるだけでも登山が楽しくなります!ちなみに焼印は200円でお手ごろです。
山小屋に到着するたびに金剛杖に焼印を押してもらいます。焼印の押し方一つでも、押し方に違いがあり、興味深く、デザインもまちまち。さらに平成最後の焼印も入って良い記念になります。この焼印を集めるだけでも登山が楽しくなります!ちなみに焼印は200円でお手ごろです。
山小屋に到着するたびに金剛杖に焼印を押してもらいます。焼印の押し方一つでも、押し方に違いがあり、興味深く、デザインもまちまち。さらに平成最後の焼印も入って良い記念になります。この焼印を集めるだけでも登山が楽しくなります!ちなみに焼印は200円でお手ごろです。
元祖七合目出発後、八合目に向かう途中、八合目まで残り200mの看板を発見しましたが、ここまで来ると残り200mの看板はモチベーションを高めます!
しかしながらこの200mは山ではクセモノ。富士宮口はこの200mが少なくとも10〜15分の時間を要しました。
元祖七合目出発後、八合目に向かう途中、八合目まで残り200mの看板を発見しましたが、ここまで来ると残り200mの看板はモチベーションを高めます!
しかしながらこの200mは山ではクセモノ。富士宮口はこの200mが少なくとも10〜15分の時間を要しました。
元祖七合目出発後、八合目に向かう途中、八合目まで残り200mの看板を発見しましたが、ここまで来ると残り200mの看板はモチベーションを高めます!
しかしながらこの200mは山ではクセモノ。富士宮口はこの200mが少なくとも10〜15分の時間を要しました。
元祖七合目出発後、30分で標高3250mの八合目池田館に到着しました!ここには、富士宮口ルートでは唯一の診療所があり、7月中旬から8月中旬まで医師が常駐しています。ここまで来たら山頂までは残り526m!あともう少しです!
元祖七合目出発後、30分で標高3250mの八合目池田館に到着しました!ここには、富士宮口ルートでは唯一の診療所があり、7月中旬から8月中旬まで医師が常駐しています。ここまで来たら山頂までは残り526m!あともう少しです!
元祖七合目出発後、30分で標高3250mの八合目池田館に到着しました!ここには、富士宮口ルートでは唯一の診療所があり、7月中旬から8月中旬まで医師が常駐しています。ここまで来たら山頂までは残り526m!あともう少しです!
八合目出発後、30分で標高3460m九合目萬年雪山荘に到着!ここまで来たら山頂までは残り316m!残り山小屋も登山道で一番山頂に近い九合五勺だけです!しかしこのあたりで雨がぽつりぽつりと降り出してきたので、私もTシャツからアンダーウェアと上着を羽織います。天気予報は雨の予報がなかったので雨具の用意は一切持ってきておらず、まいりました・・・
八合目出発後、30分で標高3460m九合目萬年雪山荘に到着!ここまで来たら山頂までは残り316m!残り山小屋も登山道で一番山頂に近い九合五勺だけです!しかしこのあたりで雨がぽつりぽつりと降り出してきたので、私もTシャツからアンダーウェアと上着を羽織います。天気予報は雨の予報がなかったので雨具の用意は一切持ってきておらず、まいりました・・・
八合目出発後、30分で標高3460m九合目萬年雪山荘に到着!ここまで来たら山頂までは残り316m!残り山小屋も登山道で一番山頂に近い九合五勺だけです!しかしこのあたりで雨がぽつりぽつりと降り出してきたので、私もTシャツからアンダーウェアと上着を羽織います。天気予報は雨の予報がなかったので雨具の用意は一切持ってきておらず、まいりました・・・
九合目まで来ると自動販売機の値段もご覧のとおり。ホットドリンクが400円になっていました。
九合目まで来ると自動販売機の値段もご覧のとおり。ホットドリンクが400円になっていました。
九合目まで来ると自動販売機の値段もご覧のとおり。ホットドリンクが400円になっていました。
雨雲レーダーを見ると通り雨のようだったので、しばらく雨宿りするも、いずれ止むだろうと意を決して九合目出発!時折、雷も鳴ったので足早に歩を進め、20分ほどで標高3590m九合五勺の胸突山荘に到着。
雨雲レーダーを見ると通り雨のようだったので、しばらく雨宿りするも、いずれ止むだろうと意を決して九合目出発!時折、雷も鳴ったので足早に歩を進め、20分ほどで標高3590m九合五勺の胸突山荘に到着。
雨雲レーダーを見ると通り雨のようだったので、しばらく雨宿りするも、いずれ止むだろうと意を決して九合目出発!時折、雷も鳴ったので足早に歩を進め、20分ほどで標高3590m九合五勺の胸突山荘に到着。
九合五勺に到達すると雨は本降りに!登山中止も考えたがさすがにあと200m足らずなので、金剛杖に焼印を押してもらってしばらく雨宿り。この段階で気温7℃の中、冷たい雨に打たれたので手がかじかんで、お財布の中の小銭もうまく取り出すことができませんでした。10分休憩後、山頂アタックに出発!
九合五勺に到達すると雨は本降りに!登山中止も考えたがさすがにあと200m足らずなので、金剛杖に焼印を押してもらってしばらく雨宿り。この段階で気温7℃の中、冷たい雨に打たれたので手がかじかんで、お財布の中の小銭もうまく取り出すことができませんでした。10分休憩後、山頂アタックに出発!
九合五勺に到達すると雨は本降りに!登山中止も考えたがさすがにあと200m足らずなので、金剛杖に焼印を押してもらってしばらく雨宿り。この段階で気温7℃の中、冷たい雨に打たれたので手がかじかんで、お財布の中の小銭もうまく取り出すことができませんでした。10分休憩後、山頂アタックに出発!
山頂アタックしてしばらくして、山頂まで残り200mの看板がみえました!俄然やる気は出るも、降り注ぐ雷雨で怖いわ寒いわの波状攻撃がのしかかってきます!
山頂アタックしてしばらくして、山頂まで残り200mの看板がみえました!俄然やる気は出るも、降り注ぐ雷雨で怖いわ寒いわの波状攻撃がのしかかってきます!
山頂アタックしてしばらくして、山頂まで残り200mの看板がみえました!俄然やる気は出るも、降り注ぐ雷雨で怖いわ寒いわの波状攻撃がのしかかってきます!
九合五勺を出発して30分後、五合目から8:15に登頂を始め、4時間15分かかった12:30。雷雨の中、山頂に到着するも、いつもなら人がごった返している山頂の鳥居もお盆というのに閑散状態でした。
九合五勺を出発して30分後、五合目から8:15に登頂を始め、4時間15分かかった12:30。雷雨の中、山頂に到着するも、いつもなら人がごった返している山頂の鳥居もお盆というのに閑散状態でした。
九合五勺を出発して30分後、五合目から8:15に登頂を始め、4時間15分かかった12:30。雷雨の中、山頂に到着するも、いつもなら人がごった返している山頂の鳥居もお盆というのに閑散状態でした。
山頂の気温はこのとき、7℃。鳥居の真正面にある浅間大社の奥宮に雷雨を避け、飛び込むも奥宮内は、同じ思いで寒さと雷雨を避ける人ごみでごった返し状態。そんな中、手がかじかみながら、平成最後の御朱印を頂き、金剛杖に山頂の焼印を押してもらい、証拠の記念撮影。
山頂の気温はこのとき、7℃。鳥居の真正面にある浅間大社の奥宮に雷雨を避け、飛び込むも奥宮内は、同じ思いで寒さと雷雨を避ける人ごみでごった返し状態。そんな中、手がかじかみながら、平成最後の御朱印を頂き、金剛杖に山頂の焼印を押してもらい、証拠の記念撮影。
山頂の気温はこのとき、7℃。鳥居の真正面にある浅間大社の奥宮に雷雨を避け、飛び込むも奥宮内は、同じ思いで寒さと雷雨を避ける人ごみでごった返し状態。そんな中、手がかじかみながら、平成最後の御朱印を頂き、金剛杖に山頂の焼印を押してもらい、証拠の記念撮影。
雷雨が静まる気配もなかったので山頂滞在10分そこそこで足早に下山開始。下山は、急峻な坂を登ってきた反対にかなりの坂道で足と膝、そして足の付け根に容赦なく痛みが走り、登りよりもきつい気が・・・さらに、履いていたチノパンが水を吸ってとてつもなく重い・・・さらに雷雨で地面が滑りやすい・・・そんな中、2本の金剛杖がおおいに役に立ちました。そして雷雨の中、下って1時間20分ほどで標高3010mの元祖七合目に到着する頃には、雨も止み、眼下には雲海が出現してきました。
雷雨が静まる気配もなかったので山頂滞在10分そこそこで足早に下山開始。下山は、急峻な坂を登ってきた反対にかなりの坂道で足と膝、そして足の付け根に容赦なく痛みが走り、登りよりもきつい気が・・・さらに、履いていたチノパンが水を吸ってとてつもなく重い・・・さらに雷雨で地面が滑りやすい・・・そんな中、2本の金剛杖がおおいに役に立ちました。そして雷雨の中、下って1時間20分ほどで標高3010mの元祖七合目に到着する頃には、雨も止み、眼下には雲海が出現してきました。
雷雨が静まる気配もなかったので山頂滞在10分そこそこで足早に下山開始。下山は、急峻な坂を登ってきた反対にかなりの坂道で足と膝、そして足の付け根に容赦なく痛みが走り、登りよりもきつい気が・・・さらに、履いていたチノパンが水を吸ってとてつもなく重い・・・さらに雷雨で地面が滑りやすい・・・そんな中、2本の金剛杖がおおいに役に立ちました。そして雷雨の中、下って1時間20分ほどで標高3010mの元祖七合目に到着する頃には、雨も止み、眼下には雲海が出現してきました。
さらに歩を進めると隣には、登った時には見えなかった宝永山の火口も見え、気温もぽっかぽか。周りの景色を見る余裕がこの登山で初めて出てきました。
さらに歩を進めると隣には、登った時には見えなかった宝永山の火口も見え、気温もぽっかぽか。周りの景色を見る余裕がこの登山で初めて出てきました。
さらに歩を進めると隣には、登った時には見えなかった宝永山の火口も見え、気温もぽっかぽか。周りの景色を見る余裕がこの登山で初めて出てきました。
下山開始後、2時間25分の14:55。六合目に到着すると、お天気はピーカンで蒸し暑い陽気。しかも六合目から富士山頂も見える空模様・・・今までの雷雨はなんだったの??と思うお天気。今から登る方たちは、今まで私が味わった恐怖を一切知らず・・・
下山開始後、2時間25分の14:55。六合目に到着すると、お天気はピーカンで蒸し暑い陽気。しかも六合目から富士山頂も見える空模様・・・今までの雷雨はなんだったの??と思うお天気。今から登る方たちは、今まで私が味わった恐怖を一切知らず・・・
下山開始後、2時間25分の14:55。六合目に到着すると、お天気はピーカンで蒸し暑い陽気。しかも六合目から富士山頂も見える空模様・・・今までの雷雨はなんだったの??と思うお天気。今から登る方たちは、今まで私が味わった恐怖を一切知らず・・・
下山開始後、2時間50分の15:40に無事、富士山五合目に到着!到着したら再び、霧の中に逆戻りでした。当然、疲労はありましたが、前回の須走口の反省点で2本の金剛杖にしたことは大成功!急斜面の特に下りではおおいに役に立ちました!個人的な今回の反省点は、不意の雨に対する対処。次回は日焼け防止の帽子と砂利の侵入を防ぐ「ショートスパッツ」に加え、雨具の準備を改善し、また今シーズン中に富士登山にチャレンジしていきたいと思います!
下山開始後、2時間50分の15:40に無事、富士山五合目に到着!到着したら再び、霧の中に逆戻りでした。当然、疲労はありましたが、前回の須走口の反省点で2本の金剛杖にしたことは大成功!急斜面の特に下りではおおいに役に立ちました!個人的な今回の反省点は、不意の雨に対する対処。次回は日焼け防止の帽子と砂利の侵入を防ぐ「ショートスパッツ」に加え、雨具の準備を改善し、また今シーズン中に富士登山にチャレンジしていきたいと思います!
下山開始後、2時間50分の15:40に無事、富士山五合目に到着!到着したら再び、霧の中に逆戻りでした。当然、疲労はありましたが、前回の須走口の反省点で2本の金剛杖にしたことは大成功!急斜面の特に下りではおおいに役に立ちました!個人的な今回の反省点は、不意の雨に対する対処。次回は日焼け防止の帽子と砂利の侵入を防ぐ「ショートスパッツ」に加え、雨具の準備を改善し、また今シーズン中に富士登山にチャレンジしていきたいと思います!
持っていた金剛杖に富士山五合目でも焼印を押してもらい、富士宮口の焼印8つコンプリートです!もちろんエクシブ山中湖の焼印も無事、踏破いたしました!
持っていた金剛杖に富士山五合目でも焼印を押してもらい、富士宮口の焼印8つコンプリートです!もちろんエクシブ山中湖の焼印も無事、踏破いたしました!
持っていた金剛杖に富士山五合目でも焼印を押してもらい、富士宮口の焼印8つコンプリートです!もちろんエクシブ山中湖の焼印も無事、踏破いたしました!
五合目から16:00のバスに乗って再び水ケ塚公園の駐車場へ向かいます。1時間に1本の間隔なので帰りのバスのスケジュールも考慮して下山するのをおすすめします。
五合目から16:00のバスに乗って再び水ケ塚公園の駐車場へ向かいます。1時間に1本の間隔なので帰りのバスのスケジュールも考慮して下山するのをおすすめします。
五合目から16:00のバスに乗って再び水ケ塚公園の駐車場へ向かいます。1時間に1本の間隔なので帰りのバスのスケジュールも考慮して下山するのをおすすめします。
最後に余談ですが、今回の富士登山の往復の歩数がこちら。往復で約18,000歩と前回の須走口の約29,000歩よりも10,000歩以上も少ない数字でした。登山4時間15分。下山2時間50分。往復7時間5分と須走口よりも4時間35分も短い時間が数字にも如実に表れる結果となりました。また富士宮口は砂も須走口の足が取られるような種類ではなく、随分締まった感じなのでかなり歩きやすいので、断然初心者向きです!

是非、皆様も平成最後の夏に日本一の山「富士山」にチャレンジしてみてください!ただし、エクシブ山中湖のオリジナル焼印付きの金剛杖とエクシブ山中湖の宿泊予約をお忘れなく♪
最後に余談ですが、今回の富士登山の往復の歩数がこちら。往復で約18,000歩と前回の須走口の約29,000歩よりも10,000歩以上も少ない数字でした。登山4時間15分。下山2時間50分。往復7時間5分と須走口よりも4時間35分も短い時間が数字にも如実に表れる結果となりました。また富士宮口は砂も須走口の足が取られるような種類ではなく、随分締まった感じなのでかなり歩きやすいので、断然初心者向きです!

是非、皆様も平成最後の夏に日本一の山「富士山」にチャレンジしてみてください!ただし、エクシブ山中湖のオリジナル焼印付きの金剛杖とエクシブ山中湖の宿泊予約をお忘れなく♪
最後に余談ですが、今回の富士登山の往復の歩数がこちら。往復で約18,000歩と前回の須走口の約29,000歩よりも10,000歩以上も少ない数字でした。登山4時間15分。下山2時間50分。往復7時間5分と須走口よりも4時間35分も短い時間が数字にも如実に表れる結果となりました。また富士宮口は砂も須走口の足が取られるような種類ではなく、随分締まった感じなのでかなり歩きやすいので、断然初心者向きです!

是非、皆様も平成最後の夏に日本一の山「富士山」にチャレンジしてみてください!ただし、エクシブ山中湖のオリジナル焼印付きの金剛杖とエクシブ山中湖の宿泊予約をお忘れなく♪

「エクシブ山中湖料理教室2018 日本料理」
2018年8月7日

イベントレポート
今年度に入り5回目を迎えるエクシブ山中湖料理教室。
8月のテーマは『日本料理』です。
花木鳥料理長の篠原による料理教室は「夏野菜いろいろ」です
野菜が美味しい夏に嬉しいレシピです!
ここで習ってご自宅で作るお客様も増え、今回も満席のご予約をいただきました!
今年度に入り5回目を迎えるエクシブ山中湖料理教室。
8月のテーマは『日本料理』です。
花木鳥料理長の篠原による料理教室は「夏野菜いろいろ」です
野菜が美味しい夏に嬉しいレシピです!
ここで習ってご自宅で作るお客様も増え、今回も満席のご予約をいただきました!
今年度に入り5回目を迎えるエクシブ山中湖料理教室。
8月のテーマは『日本料理』です。
花木鳥料理長の篠原による料理教室は「夏野菜いろいろ」です
野菜が美味しい夏に嬉しいレシピです!
ここで習ってご自宅で作るお客様も増え、今回も満席のご予約をいただきました!
いよいよ料理教室のスタートです。
本日も盛りだくさんの内容です。
◆とうもろこしごはん
◆茄子田楽
◆冬瓜のスープ煮
◆枝豆ぺペロンチーノ
◆かぼちゃムース
なんと1時間で5品のレッスンとなりました。
前回より導入したモニターも大活躍です。
お客様からは「手元が見えて分かりやすい」とご好評をいただきました。
いよいよ料理教室のスタートです。
本日も盛りだくさんの内容です。
◆とうもろこしごはん
◆茄子田楽
◆冬瓜のスープ煮
◆枝豆ぺペロンチーノ
◆かぼちゃムース
なんと1時間で5品のレッスンとなりました。
前回より導入したモニターも大活躍です。
お客様からは「手元が見えて分かりやすい」とご好評をいただきました。
いよいよ料理教室のスタートです。
本日も盛りだくさんの内容です。
◆とうもろこしごはん
◆茄子田楽
◆冬瓜のスープ煮
◆枝豆ぺペロンチーノ
◆かぼちゃムース
なんと1時間で5品のレッスンとなりました。
前回より導入したモニターも大活躍です。
お客様からは「手元が見えて分かりやすい」とご好評をいただきました。
各料理のポイントを料理長が丁寧に教えてくださいます。
冬瓜の皮の剥き方から剥いた感触をお客様のお席を回り説明してくれました。
各料理のポイントを料理長が丁寧に教えてくださいます。
冬瓜の皮の剥き方から剥いた感触をお客様のお席を回り説明してくれました。
各料理のポイントを料理長が丁寧に教えてくださいます。
冬瓜の皮の剥き方から剥いた感触をお客様のお席を回り説明してくれました。
夏のお野菜を調理し、日本料理教室だけのお楽しみは『試食TIME』です!
今回は枝豆のぺペロンチーノと冬瓜をご試食いただきました。
夏のお野菜を調理し、日本料理教室だけのお楽しみは『試食TIME』です!
今回は枝豆のぺペロンチーノと冬瓜をご試食いただきました。
夏のお野菜を調理し、日本料理教室だけのお楽しみは『試食TIME』です!
今回は枝豆のぺペロンチーノと冬瓜をご試食いただきました。
田楽味噌の保存方法や伸ばし方は主婦の方々には嬉しいレシピです。
皆さん、真剣にメモを執っていらっしゃいます。
田楽味噌の保存方法や伸ばし方は主婦の方々には嬉しいレシピです。
皆さん、真剣にメモを執っていらっしゃいます。
田楽味噌の保存方法や伸ばし方は主婦の方々には嬉しいレシピです。
皆さん、真剣にメモを執っていらっしゃいます。
全てのレッスンが終わったのは12:00。1時間ぴったりで5品を完成し、とても為になるレッスンを体験していただきました。 次回のエクシブ山中湖料理教室
洋食の伊藤料理長による
『〆サバとシロネギのトマトパスタ』
『イカのレモンクリームパスタ』
『チキンソテー、オレンジソース』です!
秋色満載の料理教室はまだお席に若干の余裕がございます!ご予約お待ちしております。
全てのレッスンが終わったのは12:00。1時間ぴったりで5品を完成し、とても為になるレッスンを体験していただきました。 次回のエクシブ山中湖料理教室
洋食の伊藤料理長による
『〆サバとシロネギのトマトパスタ』
『イカのレモンクリームパスタ』
『チキンソテー、オレンジソース』です!
秋色満載の料理教室はまだお席に若干の余裕がございます!ご予約お待ちしております。
全てのレッスンが終わったのは12:00。1時間ぴったりで5品を完成し、とても為になるレッスンを体験していただきました。 次回のエクシブ山中湖料理教室
洋食の伊藤料理長による
『〆サバとシロネギのトマトパスタ』
『イカのレモンクリームパスタ』
『チキンソテー、オレンジソース』です!
秋色満載の料理教室はまだお席に若干の余裕がございます!ご予約お待ちしております。

フルーツ王国“山梨”
樋口桃園のもも食べ放題♪企画レポート◆!
2018年7月30日

完熟桃をその場で頬張る贅沢♪
全国1位の生産量を誇るフルーツ王国「山梨」の『もも』。 中国では、昔から邪気を祓い不老長寿を与える植物として親しまれています。本日は山梨県甲州市塩山のもも農園「樋口桃園」さんでこの時期にしか味わえない”もも狩り”をお楽しみいただく企画の最終日! ホテルを10:00に出発し、「樋口桃園」さんへお客様をご案内いたします!ホテルから90分ほどで「樋口桃園」さんに到着。甲州市は涼しい山中湖とは異なる蒸し蒸しした気候でした。
全国1位の生産量を誇るフルーツ王国「山梨」の『もも』。 中国では、昔から邪気を祓い不老長寿を与える植物として親しまれています。本日は山梨県甲州市塩山のもも農園「樋口桃園」さんでこの時期にしか味わえない”もも狩り”をお楽しみいただく企画の最終日! ホテルを10:00に出発し、「樋口桃園」さんへお客様をご案内いたします!ホテルから90分ほどで「樋口桃園」さんに到着。甲州市は涼しい山中湖とは異なる蒸し蒸しした気候でした。
全国1位の生産量を誇るフルーツ王国「山梨」の『もも』。 中国では、昔から邪気を祓い不老長寿を与える植物として親しまれています。本日は山梨県甲州市塩山のもも農園「樋口桃園」さんでこの時期にしか味わえない”もも狩り”をお楽しみいただく企画の最終日! ホテルを10:00に出発し、「樋口桃園」さんへお客様をご案内いたします!ホテルから90分ほどで「樋口桃園」さんに到着。甲州市は涼しい山中湖とは異なる蒸し蒸しした気候でした。
桃畑に到着後、早速、「樋口桃園」さんのスタッフが桃狩りのポイントをご案内。スタッフ曰く、枝の先端部分の方が甘味が乗り、あとは香りを嗅いで良い香りのものを選ぶのがポイントとのこと。桃に触れて柔らかさを確認するのはNGとのことでした。
桃畑に到着後、早速、「樋口桃園」さんのスタッフが桃狩りのポイントをご案内。スタッフ曰く、枝の先端部分の方が甘味が乗り、あとは香りを嗅いで良い香りのものを選ぶのがポイントとのこと。桃に触れて柔らかさを確認するのはNGとのことでした。
桃畑に到着後、早速、「樋口桃園」さんのスタッフが桃狩りのポイントをご案内。スタッフ曰く、枝の先端部分の方が甘味が乗り、あとは香りを嗅いで良い香りのものを選ぶのがポイントとのこと。桃に触れて柔らかさを確認するのはNGとのことでした。
レクチャーを受け、いざたわわに実った桃畑へ突入〜〜♪
レクチャーを受け、いざたわわに実った桃畑へ突入〜〜♪
レクチャーを受け、いざたわわに実った桃畑へ突入〜〜♪
レクチャー通り、桃に触れず、香りチェック!
レクチャー通り、桃に触れず、香りチェック!
レクチャー通り、桃に触れず、香りチェック!
今回の参加者は、昨年に引き続き2年連続の参加なので勝手知ったる感じで手際よく、桃の皮をむいていきます!
今回の参加者は、昨年に引き続き2年連続の参加なので勝手知ったる感じで手際よく、桃の皮をむいていきます!
今回の参加者は、昨年に引き続き2年連続の参加なので勝手知ったる感じで手際よく、桃の皮をむいていきます!
上が「白凰」。下の色味がかかっているものが「浅間白桃」。先日に続いて2種類の桃を食べ比べです♪今回もとっても甘かったです!さらに今回は「川中島白桃」に「あかつき」を交配した比較的新しい硬めの桃の「なつっこ」も狩ることができました。
上が「白凰」。下の色味がかかっているものが「浅間白桃」。先日に続いて2種類の桃を食べ比べです♪今回もとっても甘かったです!さらに今回は「川中島白桃」に「あかつき」を交配した比較的新しい硬めの桃の「なつっこ」も狩ることができました。
上が「白凰」。下の色味がかかっているものが「浅間白桃」。先日に続いて2種類の桃を食べ比べです♪今回もとっても甘かったです!さらに今回は「川中島白桃」に「あかつき」を交配した比較的新しい硬めの桃の「なつっこ」も狩ることができました。
小さいお子様もお気に入りの桃を頬張り、あまりの美味しさに目がとろ〜んと!
小さいお子様もお気に入りの桃を頬張り、あまりの美味しさに目がとろ〜んと!
小さいお子様もお気に入りの桃を頬張り、あまりの美味しさに目がとろ〜んと!
こちらは桃狩りは出来ませんでしたが、「樋口桃園」さんが用意していただいた比較的新しい品種の「夏の陽」。「白凰」、「浅間白桃」のような柔らかい桃とは違って固めの肉厚な桃でしたが、甘味は十分です!ちなみに今回の参加者は皆さんやわらかい桃がお好みでしたが、地元の方は皆さん、硬い桃がお好きとのことで一同びっくり!
こちらは桃狩りは出来ませんでしたが、「樋口桃園」さんが用意していただいた比較的新しい品種の「夏の陽」。「白凰」、「浅間白桃」のような柔らかい桃とは違って固めの肉厚な桃でしたが、甘味は十分です!ちなみに今回の参加者は皆さんやわらかい桃がお好みでしたが、地元の方は皆さん、硬い桃がお好きとのことで一同びっくり!
こちらは桃狩りは出来ませんでしたが、「樋口桃園」さんが用意していただいた比較的新しい品種の「夏の陽」。「白凰」、「浅間白桃」のような柔らかい桃とは違って固めの肉厚な桃でしたが、甘味は十分です!ちなみに今回の参加者は皆さんやわらかい桃がお好みでしたが、地元の方は皆さん、硬い桃がお好きとのことで一同びっくり!
今回も山梨県が生産量全国No.1を誇る「すもも」も食べさせていただきました。「すももって酸っぱいんでしょ。」という概念がすっかり変わる完熟のすももに皆さんびっくりされていました!この日はあまずっぱい山梨生まれの品種「貴陽(きよう)」と甘〜い「彩の姫」の2種類のすももも楽しませてもらいました!
今回も山梨県が生産量全国No.1を誇る「すもも」も食べさせていただきました。「すももって酸っぱいんでしょ。」という概念がすっかり変わる完熟のすももに皆さんびっくりされていました!この日はあまずっぱい山梨生まれの品種「貴陽(きよう)」と甘〜い「彩の姫」の2種類のすももも楽しませてもらいました!
今回も山梨県が生産量全国No.1を誇る「すもも」も食べさせていただきました。「すももって酸っぱいんでしょ。」という概念がすっかり変わる完熟のすももに皆さんびっくりされていました!この日はあまずっぱい山梨生まれの品種「貴陽(きよう)」と甘〜い「彩の姫」の2種類のすももも楽しませてもらいました!
最後は、桃の木の下で参加者全員で記念撮影♪美味しい桃を現地で頂き、ご覧の笑顔です!この笑顔で参加者の皆様の幸せの度合いが伝わりますか?
最後は、桃の木の下で参加者全員で記念撮影♪美味しい桃を現地で頂き、ご覧の笑顔です!この笑顔で参加者の皆様の幸せの度合いが伝わりますか?
最後は、桃の木の下で参加者全員で記念撮影♪美味しい桃を現地で頂き、ご覧の笑顔です!この笑顔で参加者の皆様の幸せの度合いが伝わりますか?
本企画は7月で無事終了いたしましたが、桃狩りは8月いっぱいまでお楽しみいただけますので今夏のエクシブ山中湖の旅行の行程に、「樋口桃園」さんを組み込んでいただき、この笑顔に会いに来てください!
本企画は7月で無事終了いたしましたが、桃狩りは8月いっぱいまでお楽しみいただけますので今夏のエクシブ山中湖の旅行の行程に、「樋口桃園」さんを組み込んでいただき、この笑顔に会いに来てください!
本企画は7月で無事終了いたしましたが、桃狩りは8月いっぱいまでお楽しみいただけますので今夏のエクシブ山中湖の旅行の行程に、「樋口桃園」さんを組み込んでいただき、この笑顔に会いに来てください!

フルーツ王国“山梨”
樋口桃園のもも食べ放題♪企画レポート !
2018年7月27日

完熟桃をその場で頬張る贅沢♪
全国1位の生産量を誇るフルーツ王国「山梨」の『もも』。 中国では、昔から邪気を祓い不老長寿を与える植物として親しまれています。7月は山梨県甲州市塩山のもも農園「樋口桃園」さんでこの時期にしか味わえない”もも狩り”をお楽しみいただきます。 ホテルを10:00に出発し、「樋口桃園」さんへお客様をご案内いたします!ホテルから90分ほどで「樋口桃園」さんに到着。甲州市は涼しい山中湖とは異なる蒸し蒸しした気候。斜面に立つ桃畑まで歩いて向かいます。
全国1位の生産量を誇るフルーツ王国「山梨」の『もも』。 中国では、昔から邪気を祓い不老長寿を与える植物として親しまれています。7月は山梨県甲州市塩山のもも農園「樋口桃園」さんでこの時期にしか味わえない”もも狩り”をお楽しみいただきます。 ホテルを10:00に出発し、「樋口桃園」さんへお客様をご案内いたします!ホテルから90分ほどで「樋口桃園」さんに到着。甲州市は涼しい山中湖とは異なる蒸し蒸しした気候。斜面に立つ桃畑まで歩いて向かいます。
全国1位の生産量を誇るフルーツ王国「山梨」の『もも』。 中国では、昔から邪気を祓い不老長寿を与える植物として親しまれています。7月は山梨県甲州市塩山のもも農園「樋口桃園」さんでこの時期にしか味わえない”もも狩り”をお楽しみいただきます。 ホテルを10:00に出発し、「樋口桃園」さんへお客様をご案内いたします!ホテルから90分ほどで「樋口桃園」さんに到着。甲州市は涼しい山中湖とは異なる蒸し蒸しした気候。斜面に立つ桃畑まで歩いて向かいます。
桃畑に到着後、早速、「樋口桃園」さんの奥様が桃狩りのポイントをご案内。奥様曰く、枝の先端部分の方が甘味が乗り、あとは香りを嗅いで良い香りのものを選ぶのがポイントとのこと。桃に触れて柔らかさを確認するのはNGとのことでした。
桃畑に到着後、早速、「樋口桃園」さんの奥様が桃狩りのポイントをご案内。奥様曰く、枝の先端部分の方が甘味が乗り、あとは香りを嗅いで良い香りのものを選ぶのがポイントとのこと。桃に触れて柔らかさを確認するのはNGとのことでした。
桃畑に到着後、早速、「樋口桃園」さんの奥様が桃狩りのポイントをご案内。奥様曰く、枝の先端部分の方が甘味が乗り、あとは香りを嗅いで良い香りのものを選ぶのがポイントとのこと。桃に触れて柔らかさを確認するのはNGとのことでした。
レクチャーを受け、いざたわわに実った桃畑へ突入〜〜♪
レクチャーを受け、いざたわわに実った桃畑へ突入〜〜♪
レクチャーを受け、いざたわわに実った桃畑へ突入〜〜♪
レクチャー通り、桃に触れず、香りチェック!
レクチャー通り、桃に触れず、香りチェック!
レクチャー通り、桃に触れず、香りチェック!
小さいお子様もお気に入りの桃をゲット〜!
小さいお子様もお気に入りの桃をゲット〜!
小さいお子様もお気に入りの桃をゲット〜!
今日、桃狩り出来たのは2品種。一つ目は「あかつき」と並び、桃を代表する品種の一つ「白鳳」。甘みが強く、酸味はあまりなく、食べた時に果汁がぼたぼたと滴るジューシーで甘い品種です。
今日、桃狩り出来たのは2品種。一つ目は「あかつき」と並び、桃を代表する品種の一つ「白鳳」。甘みが強く、酸味はあまりなく、食べた時に果汁がぼたぼたと滴るジューシーで甘い品種です。
今日、桃狩り出来たのは2品種。一つ目は「あかつき」と並び、桃を代表する品種の一つ「白鳳」。甘みが強く、酸味はあまりなく、食べた時に果汁がぼたぼたと滴るジューシーで甘い品種です。
もうひとつの品種は山梨県が90%以上の生産シェアを誇る「浅間白桃(あさまはくとう)」。果肉は緻密で果汁が多く、糖度も高めで香りも良い品種です。
もうひとつの品種は山梨県が90%以上の生産シェアを誇る「浅間白桃(あさまはくとう)」。果肉は緻密で果汁が多く、糖度も高めで香りも良い品種です。
もうひとつの品種は山梨県が90%以上の生産シェアを誇る「浅間白桃(あさまはくとう)」。果肉は緻密で果汁が多く、糖度も高めで香りも良い品種です。
もうひとつの品種は山梨県が90%以上の生産シェアを誇る「浅間白桃(あさまはくとう)」。果肉は緻密で果汁が多く、糖度も高めで香りも良い品種です。
もうひとつの品種は山梨県が90%以上の生産シェアを誇る「浅間白桃(あさまはくとう)」。果肉は緻密で果汁が多く、糖度も高めで香りも良い品種です。
もうひとつの品種は山梨県が90%以上の生産シェアを誇る「浅間白桃(あさまはくとう)」。果肉は緻密で果汁が多く、糖度も高めで香りも良い品種です。
さぁ、お味はいかに・・・
さぁ、お味はいかに・・・
さぁ、お味はいかに・・・
桃畑の下で仲良く歓談しつつ、現地でしか味わえない美味しい桃を頬張ります!この贅沢がたまりません!
桃畑の下で仲良く歓談しつつ、現地でしか味わえない美味しい桃を頬張ります!この贅沢がたまりません!
桃畑の下で仲良く歓談しつつ、現地でしか味わえない美味しい桃を頬張ります!この贅沢がたまりません!
完熟の桃をたっぷり食したあとは、「樋口桃園」さんの受付に戻り、お土産や郵送の手配。ほかのお客様もたくさんいらっしゃってごった返しています!ちなみに現地からの郵送は「白凰」「浅間白桃」といった柔らかい桃は、傷づきやすいので送りNGとのこと。送ることが出来るのは硬い桃だけとのことです。
完熟の桃をたっぷり食したあとは、「樋口桃園」さんの受付に戻り、お土産や郵送の手配。ほかのお客様もたくさんいらっしゃってごった返しています!ちなみに現地からの郵送は「白凰」「浅間白桃」といった柔らかい桃は、傷づきやすいので送りNGとのこと。送ることが出来るのは硬い桃だけとのことです。
完熟の桃をたっぷり食したあとは、「樋口桃園」さんの受付に戻り、お土産や郵送の手配。ほかのお客様もたくさんいらっしゃってごった返しています!ちなみに現地からの郵送は「白凰」「浅間白桃」といった柔らかい桃は、傷づきやすいので送りNGとのこと。送ることが出来るのは硬い桃だけとのことです。
郵送手配を待っている間に、山梨県が生産量全国No.1を誇る「すもも」も食べさせていただきました。「すももって酸っぱいんでしょ。」という概念がすっかり変わる完熟のすももに皆さんびっくりされていました!
郵送手配を待っている間に、山梨県が生産量全国No.1を誇る「すもも」も食べさせていただきました。「すももって酸っぱいんでしょ。」という概念がすっかり変わる完熟のすももに皆さんびっくりされていました!
郵送手配を待っている間に、山梨県が生産量全国No.1を誇る「すもも」も食べさせていただきました。「すももって酸っぱいんでしょ。」という概念がすっかり変わる完熟のすももに皆さんびっくりされていました!
さらに待っている間に4種類目の桃「黄美娘(きみこ)」もいただきました!山梨県笛吹市御坂町の川井遊覧農園で発見された突然変異種と言われていて、表皮が黄色く、果肉も黄色い桃で、黄桃の一種です。こちらももちろんとっても美味しかったです!
さらに待っている間に4種類目の桃「黄美娘(きみこ)」もいただきました!山梨県笛吹市御坂町の川井遊覧農園で発見された突然変異種と言われていて、表皮が黄色く、果肉も黄色い桃で、黄桃の一種です。こちらももちろんとっても美味しかったです!
さらに待っている間に4種類目の桃「黄美娘(きみこ)」もいただきました!山梨県笛吹市御坂町の川井遊覧農園で発見された突然変異種と言われていて、表皮が黄色く、果肉も黄色い桃で、黄桃の一種です。こちらももちろんとっても美味しかったです!
最後は、桃の木の下で参加者全員で記念撮影♪美味しい桃を現地で頂き、ご覧の笑顔です!この笑顔で参加者の皆様の幸せの度合いが伝わりますか?
最後は、桃の木の下で参加者全員で記念撮影♪美味しい桃を現地で頂き、ご覧の笑顔です!この笑顔で参加者の皆様の幸せの度合いが伝わりますか?
最後は、桃の木の下で参加者全員で記念撮影♪美味しい桃を現地で頂き、ご覧の笑顔です!この笑顔で参加者の皆様の幸せの度合いが伝わりますか?
こちらは生産者の樋口さんファミリー。生産者が見えることも桃に対する安心感が増します! 本企画は7月で無事終了いたしましたが、桃狩りは8月いっぱいまでお楽しみいただけますので今夏のエクシブ山中湖の旅行の行程に、「樋口桃園」さんを組み込んでいただき、この笑顔に会いに来てください!
こちらは生産者の樋口さんファミリー。生産者が見えることも桃に対する安心感が増します! 本企画は7月で無事終了いたしましたが、桃狩りは8月いっぱいまでお楽しみいただけますので今夏のエクシブ山中湖の旅行の行程に、「樋口桃園」さんを組み込んでいただき、この笑顔に会いに来てください!
こちらは生産者の樋口さんファミリー。生産者が見えることも桃に対する安心感が増します! 本企画は7月で無事終了いたしましたが、桃狩りは8月いっぱいまでお楽しみいただけますので今夏のエクシブ山中湖の旅行の行程に、「樋口桃園」さんを組み込んでいただき、この笑顔に会いに来てください!