社寺のご案内 


- 千年の祈り息づく里山 -


三千院門跡 〜苔と木立の美しい庭園〜
天台宗五箇室門跡の一つ。最澄(伝教大師)が比叡山頂に一堂を建立したものが起こり。境内の往生極楽院(重要文化財)は、平安末期の建立で阿弥陀三尊座像(国宝)を安置。脇侍の観音菩薩、勢至菩薩は大和座りと呼ばれる珍しいお姿です。
天台宗五箇室門跡の一つ。最澄(伝教大師)が比叡山頂に一堂を建立したものが起こり。境内の往生極楽院(重要文化財)は、平安末期の建立で阿弥陀三尊座像(国宝)を安置。脇侍の観音菩薩、勢至菩薩は大和座りと呼ばれる珍しいお姿です。
天台宗五箇室門跡の一つ。最澄(伝教大師)が比叡山頂に一堂を建立したものが起こり。境内の往生極楽院(重要文化財)は、平安末期の建立で阿弥陀三尊座像(国宝)を安置。脇侍の観音菩薩、勢至菩薩は大和座りと呼ばれる珍しいお姿です。

【住所】 左京区大原来迎院町540
【電話番号】 075-744-2531
【開門時間】 9時〜17時(11〜2月変更あり)
【料金】 大人;700円、中高校生;400円、小学生;150円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩10分

大原魚山 来迎院 〜仏教音楽伝承の修行道場〜

【住所】 左京区大原来迎院町540
【電話番号】 075-744-2531
【開門時間】 9時〜17時(11〜2月変更あり)
【料金】 大人;700円、中高校生;400円、小学生;150円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩10分

大原魚山 来迎院 〜仏教音楽伝承の修行道場〜

【住所】 左京区大原来迎院町540
【電話番号】 075-744-2531
【開門時間】 9時〜17時(11〜2月変更あり)
【料金】 大人;700円、中高校生;400円、小学生;150円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩10分

大原魚山 来迎院 〜仏教音楽伝承の修行道場〜
来迎院のある大原の地は、平安時代初期、日本天台宗を開宗した伝教大師最澄(でんぎょうだいし さいちょう)の直弟子の慈覚大師  円仁(じかくだいし えんにん)が声明(声明)[仏教歌謡]の修練道場として開山されました。円仁は中国(唐)に留学した折、五台山の太原(たいげん)を中心に盛んに行われていた五台山念佛(声明)を帰朝後、比叡山に伝え、中国の太源に因みこの大原の地を声明の根本道場とされました。
来迎院のある大原の地は、平安時代初期、日本天台宗を開宗した伝教大師最澄(でんぎょうだいし さいちょう)の直弟子の慈覚大師  円仁(じかくだいし えんにん)が声明(声明)[仏教歌謡]の修練道場として開山されました。円仁は中国(唐)に留学した折、五台山の太原(たいげん)を中心に盛んに行われていた五台山念佛(声明)を帰朝後、比叡山に伝え、中国の太源に因みこの大原の地を声明の根本道場とされました。
来迎院のある大原の地は、平安時代初期、日本天台宗を開宗した伝教大師最澄(でんぎょうだいし さいちょう)の直弟子の慈覚大師  円仁(じかくだいし えんにん)が声明(声明)[仏教歌謡]の修練道場として開山されました。円仁は中国(唐)に留学した折、五台山の太原(たいげん)を中心に盛んに行われていた五台山念佛(声明)を帰朝後、比叡山に伝え、中国の太源に因みこの大原の地を声明の根本道場とされました。

【住所】 左京区大原来迎院町537
【電話番号】 075-744-2161
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;400円、中高校生;300円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

宝泉院 〜絵画のように切り取られて景色〜

【住所】 左京区大原来迎院町537
【電話番号】 075-744-2161
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;400円、中高校生;300円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

宝泉院 〜絵画のように切り取られて景色〜

【住所】 左京区大原来迎院町537
【電話番号】 075-744-2161
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;400円、中高校生;300円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

宝泉院 〜絵画のように切り取られて景色〜
勝林院塔頭(たっちゅう)。書院は江戸中期頃の再建で、廊下の天井は伏見城の遺溝。客殿の柱と鴨居を額縁に見立てた「額縁庭園」として知られており、春夏秋冬の景色が楽しめます。樹齢700年を超える五葉松や鶴亀庭園も見られます。
勝林院塔頭(たっちゅう)。書院は江戸中期頃の再建で、廊下の天井は伏見城の遺溝。客殿の柱と鴨居を額縁に見立てた「額縁庭園」として知られており、春夏秋冬の景色が楽しめます。樹齢700年を超える五葉松や鶴亀庭園も見られます。
勝林院塔頭(たっちゅう)。書院は江戸中期頃の再建で、廊下の天井は伏見城の遺溝。客殿の柱と鴨居を額縁に見立てた「額縁庭園」として知られており、春夏秋冬の景色が楽しめます。樹齢700年を超える五葉松や鶴亀庭園も見られます。

【住所】 左京区大原勝林院町187
【電話番号】 075-744-2409
【開門時間】 9時〜17時(受付終了 16時30分)
【料金】 大人;800円、中高校生;700円、小学生;600円(お抹茶菓子付き)
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

天台宗 魚山 実光院 〜ひっそりと佇む名庭〜

【住所】 左京区大原勝林院町187
【電話番号】 075-744-2409
【開門時間】 9時〜17時(受付終了 16時30分)
【料金】 大人;800円、中高校生;700円、小学生;600円(お抹茶菓子付き)
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

天台宗 魚山 実光院 〜ひっそりと佇む名庭〜

【住所】 左京区大原勝林院町187
【電話番号】 075-744-2409
【開門時間】 9時〜17時(受付終了 16時30分)
【料金】 大人;800円、中高校生;700円、小学生;600円(お抹茶菓子付き)
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

天台宗 魚山 実光院 〜ひっそりと佇む名庭〜
客殿南側に広がる庭園(現存する旧普賢院の庭園)は江戸時代後期の作庭で、より水を引く心字の池を中心とした池泉観賞式の「契心園」です。築山の松は鶴を、池の島は亀を表現しています。 また、客殿の西側に広がる回遊式庭園は旧理覚院の寺地で、実光院と統合の後荒廃していたものを、歴代の住職が作庭整備し今日に至っています。茶室「理覚庵」は寺領山林より調達され昭和50年(1975)に建てられました。庭園中央にある「」は、初秋より翌年春にかけて花を咲かせる珍しい品種で、錦秋の季節には、桜の花と紅葉が同時に楽しめます。
客殿南側に広がる庭園(現存する旧普賢院の庭園)は江戸時代後期の作庭で、より水を引く心字の池を中心とした池泉観賞式の「契心園」です。築山の松は鶴を、池の島は亀を表現しています。 また、客殿の西側に広がる回遊式庭園は旧理覚院の寺地で、実光院と統合の後荒廃していたものを、歴代の住職が作庭整備し今日に至っています。茶室「理覚庵」は寺領山林より調達され昭和50年(1975)に建てられました。庭園中央にある「」は、初秋より翌年春にかけて花を咲かせる珍しい品種で、錦秋の季節には、桜の花と紅葉が同時に楽しめます。
客殿南側に広がる庭園(現存する旧普賢院の庭園)は江戸時代後期の作庭で、より水を引く心字の池を中心とした池泉観賞式の「契心園」です。築山の松は鶴を、池の島は亀を表現しています。 また、客殿の西側に広がる回遊式庭園は旧理覚院の寺地で、実光院と統合の後荒廃していたものを、歴代の住職が作庭整備し今日に至っています。茶室「理覚庵」は寺領山林より調達され昭和50年(1975)に建てられました。庭園中央にある「」は、初秋より翌年春にかけて花を咲かせる珍しい品種で、錦秋の季節には、桜の花と紅葉が同時に楽しめます。

【住所】 左京区大原勝林院町187
【電話番号】 075-744-2537
【開門時間】 9時〜16時30分(12〜2月は16時)
【料金】 大人・中高校生;700円(抹茶菓子付き)、小学生;300円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩10分

勝林院 〜法然上人ゆかりの寺〜

【住所】 左京区大原勝林院町187
【電話番号】 075-744-2537
【開門時間】 9時〜16時30分(12〜2月は16時)
【料金】 大人・中高校生;700円(抹茶菓子付き)、小学生;300円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩10分

勝林院 〜法然上人ゆかりの寺〜

【住所】 左京区大原勝林院町187
【電話番号】 075-744-2537
【開門時間】 9時〜16時30分(12〜2月は16時)
【料金】 大人・中高校生;700円(抹茶菓子付き)、小学生;300円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩10分

勝林院 〜法然上人ゆかりの寺〜
長和二年(1013年)、大原魚山天台声明の根本道場として建立。 文治二年(1186年)秋、法然上人を招いて浄土教について論議した大原問答が有名です。本尊阿弥陀如来坐像が安置され、宝泉院と実光院の本堂でもあります。
長和二年(1013年)、大原魚山天台声明の根本道場として建立。 文治二年(1186年)秋、法然上人を招いて浄土教について論議した大原問答が有名です。本尊阿弥陀如来坐像が安置され、宝泉院と実光院の本堂でもあります。
長和二年(1013年)、大原魚山天台声明の根本道場として建立。 文治二年(1186年)秋、法然上人を招いて浄土教について論議した大原問答が有名です。本尊阿弥陀如来坐像が安置され、宝泉院と実光院の本堂でもあります。

【住所】 左京区大原勝林院町187
【電話番号】075-744-2537(実光院) 075-744-2469(宝泉院)
【開門時間】 9時〜16時30分
【料金】 大人;300円、小中学生;200円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

京都大原寂光院 〜平家物語の舞台となった寺〜

【住所】 左京区大原勝林院町187
【電話番号】075-744-2537(実光院) 075-744-2469(宝泉院)
【開門時間】 9時〜16時30分
【料金】 大人;300円、小中学生;200円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

京都大原寂光院 〜平家物語の舞台となった寺〜

【住所】 左京区大原勝林院町187
【電話番号】075-744-2537(実光院) 075-744-2469(宝泉院)
【開門時間】 9時〜16時30分
【料金】 大人;300円、小中学生;200円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

京都大原寂光院 〜平家物語の舞台となった寺〜
推古二年(594年)の聖徳太子創建と伝えられ、平清盛の娘・建礼門院が平家滅亡後に仏門に入り、晩年過ごした尼寺です。境内は「平家物語」の「灌頂の巻」、「大原御幸」に描写された当時の面影を残してます。
推古二年(594年)の聖徳太子創建と伝えられ、平清盛の娘・建礼門院が平家滅亡後に仏門に入り、晩年過ごした尼寺です。境内は「平家物語」の「灌頂の巻」、「大原御幸」に描写された当時の面影を残してます。
推古二年(594年)の聖徳太子創建と伝えられ、平清盛の娘・建礼門院が平家滅亡後に仏門に入り、晩年過ごした尼寺です。境内は「平家物語」の「灌頂の巻」、「大原御幸」に描写された当時の面影を残してます。

【住所】 左京区大原草生町676
【電話番号】075-744-3341
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;600円、中学生;350円、小学生;100円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

古知谷阿弥陀寺 〜大原の里山の潜む古寺〜

【住所】 左京区大原草生町676
【電話番号】075-744-3341
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;600円、中学生;350円、小学生;100円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

古知谷阿弥陀寺 〜大原の里山の潜む古寺〜

【住所】 左京区大原草生町676
【電話番号】075-744-3341
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;600円、中学生;350円、小学生;100円
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩15分

古知谷阿弥陀寺 〜大原の里山の潜む古寺〜
光明山法国院阿弥陀寺は、慶長14年(1609)弾誓上人が開基された如法念佛堂道場です。弾誓上人の自作自像植髪の尊像や、「ミイラ佛」となられた上人のミイラが安置されています。参道には天然記念物に指定された樹齢約八百年の古知谷楓が立っています。
光明山法国院阿弥陀寺は、慶長14年(1609)弾誓上人が開基された如法念佛堂道場です。弾誓上人の自作自像植髪の尊像や、「ミイラ佛」となられた上人のミイラが安置されています。参道には天然記念物に指定された樹齢約八百年の古知谷楓が立っています。
光明山法国院阿弥陀寺は、慶長14年(1609)弾誓上人が開基された如法念佛堂道場です。弾誓上人の自作自像植髪の尊像や、「ミイラ佛」となられた上人のミイラが安置されています。参道には天然記念物に指定された樹齢約八百年の古知谷楓が立っています。

【住所】 左京区大原古知平町83
【電話番号】075-744-2048
【開門時間】 9時〜16時
【料金】 400円
【アクセス】
京都バス「古知谷」から徒歩20分

念佛寺 〜幽玄な里を一望できる地蔵信仰の山寺〜

【住所】 左京区大原古知平町83
【電話番号】075-744-2048
【開門時間】 9時〜16時
【料金】 400円
【アクセス】
京都バス「古知谷」から徒歩20分

念佛寺 〜幽玄な里を一望できる地蔵信仰の山寺〜

【住所】 左京区大原古知平町83
【電話番号】075-744-2048
【開門時間】 9時〜16時
【料金】 400円
【アクセス】
京都バス「古知谷」から徒歩20分

念佛寺 〜幽玄な里を一望できる地蔵信仰の山寺〜
後醍醐天皇第3皇子大塔宮護良親王(三千院第31世尊雲法親王)の創建と伝えられ、昭和13年現在の地に移転再建されました。境内には八万四千体の地蔵尊建立のうち、五万四千九百四十二番を祀られています。
後醍醐天皇第3皇子大塔宮護良親王(三千院第31世尊雲法親王)の創建と伝えられ、昭和13年現在の地に移転再建されました。境内には八万四千体の地蔵尊建立のうち、五万四千九百四十二番を祀られています。
後醍醐天皇第3皇子大塔宮護良親王(三千院第31世尊雲法親王)の創建と伝えられ、昭和13年現在の地に移転再建されました。境内には八万四千体の地蔵尊建立のうち、五万四千九百四十二番を祀られています。

【住所】 左京区大原来迎院町270
【電話番号】075-744-2540
【開門時間】 8時30分〜17時
【料金】 参拝自由
【駐車場】 あり(400円)
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩8分

【住所】 左京区大原来迎院町270
【電話番号】075-744-2540
【開門時間】 8時30分〜17時
【料金】 参拝自由
【駐車場】 あり(400円)
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩8分

【住所】 左京区大原来迎院町270
【電話番号】075-744-2540
【開門時間】 8時30分〜17時
【料金】 参拝自由
【駐車場】 あり(400円)
【アクセス】
京都バス「大原」から徒歩8分

- 悠久の歴史を伝える京都最古の社 -


上賀茂神社 〜由緒正しき世界文化遺産の神社〜
正式名称は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)。 社殿造営の記録は七世紀にまで遡ります。 ご神殿は賀茂別雷大神。 平安遷都以降は天皇の行幸や上皇の御幸、貴族や武士の社参が相次ぎました。 現在でも厄除・方除・電気産業の守護神として広く信仰されています。
正式名称は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)。 社殿造営の記録は七世紀にまで遡ります。 ご神殿は賀茂別雷大神。 平安遷都以降は天皇の行幸や上皇の御幸、貴族や武士の社参が相次ぎました。 現在でも厄除・方除・電気産業の守護神として広く信仰されています。
正式名称は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)。 社殿造営の記録は七世紀にまで遡ります。 ご神殿は賀茂別雷大神。 平安遷都以降は天皇の行幸や上皇の御幸、貴族や武士の社参が相次ぎました。 現在でも厄除・方除・電気産業の守護神として広く信仰されています。

【住所】 北区上賀茂本山339
【電話番号】 075-781-0011
【開門時間】 午前5時30分〜午後5時
【特別参拝】 午前10時〜午後4時
【料金】 無料(特別参拝 1名 500円(小学生以下 無料、団体20名以上 450円)
【アクセス】
市バス・京都バス「上賀茂神社前」から徒歩すぐ、市バス「上賀茂御薗橋」から徒歩5分

大田神社 〜カキツバタと芸能上達の神〜

【住所】 北区上賀茂本山339
【電話番号】 075-781-0011
【開門時間】 午前5時30分〜午後5時
【特別参拝】 午前10時〜午後4時
【料金】 無料(特別参拝 1名 500円(小学生以下 無料、団体20名以上 450円)
【アクセス】
市バス・京都バス「上賀茂神社前」から徒歩すぐ、市バス「上賀茂御薗橋」から徒歩5分

大田神社 〜カキツバタと芸能上達の神〜

【住所】 北区上賀茂本山339
【電話番号】 075-781-0011
【開門時間】 午前5時30分〜午後5時
【特別参拝】 午前10時〜午後4時
【料金】 無料(特別参拝 1名 500円(小学生以下 無料、団体20名以上 450円)
【アクセス】
市バス・京都バス「上賀茂神社前」から徒歩すぐ、市バス「上賀茂御薗橋」から徒歩5分

大田神社 〜カキツバタと芸能上達の神〜
天鈿女命(あまのうずめのみこと)一柱一座。当神社は延喜式神名帳記載の古社であり、一名に恩多社とも云われています。鎮座年代不詳なれど賀茂における最古の社であり、上賀茂神社よりも古い神社です。賀茂県主族の移住以前より在住の農民から福神として長寿福徳の信仰が寄せられていたようです。
天鈿女命(あまのうずめのみこと)一柱一座。当神社は延喜式神名帳記載の古社であり、一名に恩多社とも云われています。鎮座年代不詳なれど賀茂における最古の社であり、上賀茂神社よりも古い神社です。賀茂県主族の移住以前より在住の農民から福神として長寿福徳の信仰が寄せられていたようです。
天鈿女命(あまのうずめのみこと)一柱一座。当神社は延喜式神名帳記載の古社であり、一名に恩多社とも云われています。鎮座年代不詳なれど賀茂における最古の社であり、上賀茂神社よりも古い神社です。賀茂県主族の移住以前より在住の農民から福神として長寿福徳の信仰が寄せられていたようです。

【住所】 北区上賀茂本山340
【電話番号】 075−781-0907
【開門時間】 9時30分〜16時30分
【料金】 無料
【アクセス】市バス「上賀茂神社前」から徒歩10分


【住所】 北区上賀茂本山340
【電話番号】 075−781-0907
【開門時間】 9時30分〜16時30分
【料金】 無料
【アクセス】市バス「上賀茂神社前」から徒歩10分


【住所】 北区上賀茂本山340
【電話番号】 075−781-0907
【開門時間】 9時30分〜16時30分
【料金】 無料
【アクセス】市バス「上賀茂神社前」から徒歩10分


豊かな自然と調和の庭園美・静寂で厳かな小野の里と中世格式の庭園美


圓通寺 〜造営時そのままの景色が残る造園〜
洛北幡枝の地にひそやかにたたずむ圓通寺。借景の庭、柿、つつじの寺として親しまれています。当寺は、江戸時代初期(1639)後水尾天皇が造営された幡枝離宮の跡で、幡枝小御所、幡枝茶園とも呼ばれていました。その後、修学院離宮が完成後、御水尾上皇永年の念願とされた禅院開創の機運が熟し、やがて輪王寺宮門跡や幕府要職の尽力により、ここに贈左大臣園基任第三息女、文英尼公(圓光院殿瑞雲文英尼大師=後光明院御母壬生院の姉上・霊元天皇御母新広義門院の叔母)を開基として迎え、上皇より大悲・寺号「圓通」の勅額を賜り、霊元天皇の勅願所となりました。以来、皇室の祈願所として後水尾天皇以降の歴代皇族の御尊牌が皇室ゆかりの殿舎である御幸御殿に祀られています。庭園は霊峰比叡山を借景にした枯山水平庭で、国の名勝に指定されています。四季折々の風情が味わえ、御水尾院の幡枝離宮の庭を今に伝えています。
洛北幡枝の地にひそやかにたたずむ圓通寺。借景の庭、柿、つつじの寺として親しまれています。当寺は、江戸時代初期(1639)後水尾天皇が造営された幡枝離宮の跡で、幡枝小御所、幡枝茶園とも呼ばれていました。その後、修学院離宮が完成後、御水尾上皇永年の念願とされた禅院開創の機運が熟し、やがて輪王寺宮門跡や幕府要職の尽力により、ここに贈左大臣園基任第三息女、文英尼公(圓光院殿瑞雲文英尼大師=後光明院御母壬生院の姉上・霊元天皇御母新広義門院の叔母)を開基として迎え、上皇より大悲・寺号「圓通」の勅額を賜り、霊元天皇の勅願所となりました。以来、皇室の祈願所として後水尾天皇以降の歴代皇族の御尊牌が皇室ゆかりの殿舎である御幸御殿に祀られています。庭園は霊峰比叡山を借景にした枯山水平庭で、国の名勝に指定されています。四季折々の風情が味わえ、御水尾院の幡枝離宮の庭を今に伝えています。
洛北幡枝の地にひそやかにたたずむ圓通寺。借景の庭、柿、つつじの寺として親しまれています。当寺は、江戸時代初期(1639)後水尾天皇が造営された幡枝離宮の跡で、幡枝小御所、幡枝茶園とも呼ばれていました。その後、修学院離宮が完成後、御水尾上皇永年の念願とされた禅院開創の機運が熟し、やがて輪王寺宮門跡や幕府要職の尽力により、ここに贈左大臣園基任第三息女、文英尼公(圓光院殿瑞雲文英尼大師=後光明院御母壬生院の姉上・霊元天皇御母新広義門院の叔母)を開基として迎え、上皇より大悲・寺号「圓通」の勅額を賜り、霊元天皇の勅願所となりました。以来、皇室の祈願所として後水尾天皇以降の歴代皇族の御尊牌が皇室ゆかりの殿舎である御幸御殿に祀られています。庭園は霊峰比叡山を借景にした枯山水平庭で、国の名勝に指定されています。四季折々の風情が味わえ、御水尾院の幡枝離宮の庭を今に伝えています。

【住所】 左京区岩倉幡枝989
【電話番号】 075-781-1875
【開門時間】 10時〜16時30分(12〜3月は16時まで、受付は16時30分)
【料金】 大人;500円、高・大学生;500円、小・中学校;300円
【アクセス】
京都バス「自動車教習所前」から徒歩10分

妙満寺 〜「道成寺」ゆかりの釣鐘を所蔵〜

【住所】 左京区岩倉幡枝989
【電話番号】 075-781-1875
【開門時間】 10時〜16時30分(12〜3月は16時まで、受付は16時30分)
【料金】 大人;500円、高・大学生;500円、小・中学校;300円
【アクセス】
京都バス「自動車教習所前」から徒歩10分

妙満寺 〜「道成寺」ゆかりの釣鐘を所蔵〜

【住所】 左京区岩倉幡枝989
【電話番号】 075-781-1875
【開門時間】 10時〜16時30分(12〜3月は16時まで、受付は16時30分)
【料金】 大人;500円、高・大学生;500円、小・中学校;300円
【アクセス】
京都バス「自動車教習所前」から徒歩10分

妙満寺 〜「道成寺」ゆかりの釣鐘を所蔵〜
康応元年(1389年)日什上人によって創建された顕本法華宗の総本山。昭和四十二年、寺町二条から現在地へ。能や歌舞伎で知られる「道成寺」ゆかりの「平安清姫」を所蔵。俳諧の祖・松永貞徳の「雪の庭」や仏舎利塔など見所多彩です。
康応元年(1389年)日什上人によって創建された顕本法華宗の総本山。昭和四十二年、寺町二条から現在地へ。能や歌舞伎で知られる「道成寺」ゆかりの「平安清姫」を所蔵。俳諧の祖・松永貞徳の「雪の庭」や仏舎利塔など見所多彩です。
康応元年(1389年)日什上人によって創建された顕本法華宗の総本山。昭和四十二年、寺町二条から現在地へ。能や歌舞伎で知られる「道成寺」ゆかりの「平安清姫」を所蔵。俳諧の祖・松永貞徳の「雪の庭」や仏舎利塔など見所多彩です。

【住所】 左京区岩倉幡枝町91
【電話番号】 075-791-7171
【拝観時間】 9時〜16時
【料金】 大人;500円、小中学生350円
【アクセス】
京都バス「幡枝(妙満寺)」から徒歩3分
叡山電車・木野駅から徒歩5分、地下鉄烏丸線 国際会館駅から徒歩20分

実相院 〜赤や緑に美しく映える床もみじ〜

【住所】 左京区岩倉幡枝町91
【電話番号】 075-791-7171
【拝観時間】 9時〜16時
【料金】 大人;500円、小中学生350円
【アクセス】
京都バス「幡枝(妙満寺)」から徒歩3分
叡山電車・木野駅から徒歩5分、地下鉄烏丸線 国際会館駅から徒歩20分

実相院 〜赤や緑に美しく映える床もみじ〜

【住所】 左京区岩倉幡枝町91
【電話番号】 075-791-7171
【拝観時間】 9時〜16時
【料金】 大人;500円、小中学生350円
【アクセス】
京都バス「幡枝(妙満寺)」から徒歩3分
叡山電車・木野駅から徒歩5分、地下鉄烏丸線 国際会館駅から徒歩20分

実相院 〜赤や緑に美しく映える床もみじ〜
寛喜元年(1229年)に静基僧正が開創した、元は天台宗寺門派の門跡寺院。本堂・四御門・お車寄せは、東山天皇中宮承秋門院の旧殿の一部を下賜されたもの。狩野派の襖絵や、新緑・紅葉・雪などの色が床に映る「床もみじ」で有名です。
寛喜元年(1229年)に静基僧正が開創した、元は天台宗寺門派の門跡寺院。本堂・四御門・お車寄せは、東山天皇中宮承秋門院の旧殿の一部を下賜されたもの。狩野派の襖絵や、新緑・紅葉・雪などの色が床に映る「床もみじ」で有名です。
寛喜元年(1229年)に静基僧正が開創した、元は天台宗寺門派の門跡寺院。本堂・四御門・お車寄せは、東山天皇中宮承秋門院の旧殿の一部を下賜されたもの。狩野派の襖絵や、新緑・紅葉・雪などの色が床に映る「床もみじ」で有名です。

【住所】 左京区岩倉上蔵町121
【電話番号】 075-781-5464
【拝観時間】 9時〜17時
【料金】 大人;500円、小中学生;250円
【アクセス】
京都バス「岩倉実相院」から徒歩すぐ、叡山電車 岩倉駅から徒歩17分

三宅八幡宮 〜子どもの疳の虫除けの神様〜

【住所】 左京区岩倉上蔵町121
【電話番号】 075-781-5464
【拝観時間】 9時〜17時
【料金】 大人;500円、小中学生;250円
【アクセス】
京都バス「岩倉実相院」から徒歩すぐ、叡山電車 岩倉駅から徒歩17分

三宅八幡宮 〜子どもの疳の虫除けの神様〜

【住所】 左京区岩倉上蔵町121
【電話番号】 075-781-5464
【拝観時間】 9時〜17時
【料金】 大人;500円、小中学生;250円
【アクセス】
京都バス「岩倉実相院」から徒歩すぐ、叡山電車 岩倉駅から徒歩17分

三宅八幡宮 〜子どもの疳の虫除けの神様〜
社伝によると推古天皇の御宇、大徳冠小野妹子渡隋の大命を受け、其の途、筑紫にて病に悩み宇佐八幡宮に祈願し平癒、渡隋の後も専ら祈念の功により種々の危難を免れる。帰朝の後、報恩のためこの地に大神を勧請され、その後多年を経て南朝の忠臣備後三郎、当地に移住し邸内の鎮守として厚く尊崇されました。爾来三宅八幡と称し社殿宏壮、神田等もあったが応仁の乱の兵火にかかり、古記什寶等悉く焼失。数年後、里人相謀り復旧を試みるが、漸く大破に及びたるを以って明治2年拝殿を同20年本殿・社務所が建造されました。
社伝によると推古天皇の御宇、大徳冠小野妹子渡隋の大命を受け、其の途、筑紫にて病に悩み宇佐八幡宮に祈願し平癒、渡隋の後も専ら祈念の功により種々の危難を免れる。帰朝の後、報恩のためこの地に大神を勧請され、その後多年を経て南朝の忠臣備後三郎、当地に移住し邸内の鎮守として厚く尊崇されました。爾来三宅八幡と称し社殿宏壮、神田等もあったが応仁の乱の兵火にかかり、古記什寶等悉く焼失。数年後、里人相謀り復旧を試みるが、漸く大破に及びたるを以って明治2年拝殿を同20年本殿・社務所が建造されました。
社伝によると推古天皇の御宇、大徳冠小野妹子渡隋の大命を受け、其の途、筑紫にて病に悩み宇佐八幡宮に祈願し平癒、渡隋の後も専ら祈念の功により種々の危難を免れる。帰朝の後、報恩のためこの地に大神を勧請され、その後多年を経て南朝の忠臣備後三郎、当地に移住し邸内の鎮守として厚く尊崇されました。爾来三宅八幡と称し社殿宏壮、神田等もあったが応仁の乱の兵火にかかり、古記什寶等悉く焼失。数年後、里人相謀り復旧を試みるが、漸く大破に及びたるを以って明治2年拝殿を同20年本殿・社務所が建造されました。

【住所】 左京区上高野三宅町22
【電話番号】 075-781-5003
【拝観時間】 境内自由。絵馬展示資料館;9時30分〜15時
【料金】 拝観自由、絵馬展示資料館;300円
【アクセス】
叡山電車八幡前から徒歩3分、三宅八幡駅から徒歩10分
京都バス「八幡前」から徒歩すぐ、「三宅八幡」から徒歩7分

洛北蓮華寺 〜高野川の豊かな水が流れ込む庭〜

【住所】 左京区上高野三宅町22
【電話番号】 075-781-5003
【拝観時間】 境内自由。絵馬展示資料館;9時30分〜15時
【料金】 拝観自由、絵馬展示資料館;300円
【アクセス】
叡山電車八幡前から徒歩3分、三宅八幡駅から徒歩10分
京都バス「八幡前」から徒歩すぐ、「三宅八幡」から徒歩7分

洛北蓮華寺 〜高野川の豊かな水が流れ込む庭〜

【住所】 左京区上高野三宅町22
【電話番号】 075-781-5003
【拝観時間】 境内自由。絵馬展示資料館;9時30分〜15時
【料金】 拝観自由、絵馬展示資料館;300円
【アクセス】
叡山電車八幡前から徒歩3分、三宅八幡駅から徒歩10分
京都バス「八幡前」から徒歩すぐ、「三宅八幡」から徒歩7分

洛北蓮華寺 〜高野川の豊かな水が流れ込む庭〜
蓮華寺は、もと西八条塩小路附近(今の京都駅附近)にあった浄土教系の古寺で、応仁の乱後、荒廃していたのを、寛文二年(1662)加賀前田家の老臣今枝民部近義が、祖父今枝重直の菩提の為に、この地に移し再興したものであります。(蓮華寺造営記 帰命山寺記)再興の際に、石川丈山、狩野探幽、木下順庵、黄檗の隠元禅師 木庵禅師等当時の著名文化人が協力しています。(諸堂の様式・碑文・什物等)尚、本堂、鐘楼堂、井戸屋形、庭園は創建当時のままで、小規模ですが何れも文人の残した貴重な文化遺産です。
蓮華寺は、もと西八条塩小路附近(今の京都駅附近)にあった浄土教系の古寺で、応仁の乱後、荒廃していたのを、寛文二年(1662)加賀前田家の老臣今枝民部近義が、祖父今枝重直の菩提の為に、この地に移し再興したものであります。(蓮華寺造営記 帰命山寺記)再興の際に、石川丈山、狩野探幽、木下順庵、黄檗の隠元禅師 木庵禅師等当時の著名文化人が協力しています。(諸堂の様式・碑文・什物等)尚、本堂、鐘楼堂、井戸屋形、庭園は創建当時のままで、小規模ですが何れも文人の残した貴重な文化遺産です。
蓮華寺は、もと西八条塩小路附近(今の京都駅附近)にあった浄土教系の古寺で、応仁の乱後、荒廃していたのを、寛文二年(1662)加賀前田家の老臣今枝民部近義が、祖父今枝重直の菩提の為に、この地に移し再興したものであります。(蓮華寺造営記 帰命山寺記)再興の際に、石川丈山、狩野探幽、木下順庵、黄檗の隠元禅師 木庵禅師等当時の著名文化人が協力しています。(諸堂の様式・碑文・什物等)尚、本堂、鐘楼堂、井戸屋形、庭園は創建当時のままで、小規模ですが何れも文人の残した貴重な文化遺産です。

【住所】 左京区上高野八幡町1
【電話番号】 075-781-3494
【拝観時間】 9時〜17時
【料金】 高校生以上400円
【アクセス】
京都バス「上橋」から徒歩1分、叡山電車三宅八幡駅から徒歩10分

崇道神社 〜新緑の季節が待ち遠しい参道〜

【住所】 左京区上高野八幡町1
【電話番号】 075-781-3494
【拝観時間】 9時〜17時
【料金】 高校生以上400円
【アクセス】
京都バス「上橋」から徒歩1分、叡山電車三宅八幡駅から徒歩10分

崇道神社 〜新緑の季節が待ち遠しい参道〜

【住所】 左京区上高野八幡町1
【電話番号】 075-781-3494
【拝観時間】 9時〜17時
【料金】 高校生以上400円
【アクセス】
京都バス「上橋」から徒歩1分、叡山電車三宅八幡駅から徒歩10分

崇道神社 〜新緑の季節が待ち遠しい参道〜
崇道神社は奈良末期から平安時代初期の皇族 早良親王をお祀りする。早良親王は、光仁天皇高野新笠の子で桓武天皇の実弟です。延暦4年に起こった藤原種継暗殺計画の首謀者として捕われ乙訓寺に幽閉された後、淡路に流される途中無実を主張して絶食死しました。その後、桓武天皇の近親者の死が続き、都には悪疫が流行したため、早良親王の祟りと噂されその怨念を鎮めるために延暦19年、崇道天皇と追号し墓を現在の八島陵へ改葬しました。創祀年代は不明ですが、この地が若狭街道の交通の要である事、都の鬼門に当たることなどから、貞観年間(859〜877)以降と推定されます。他に藤森神社・上御霊神社にも崇道天皇が祀られていますが、崇道天皇のみを祭神とするのは、この崇道神社のみです。
崇道神社は奈良末期から平安時代初期の皇族 早良親王をお祀りする。早良親王は、光仁天皇高野新笠の子で桓武天皇の実弟です。延暦4年に起こった藤原種継暗殺計画の首謀者として捕われ乙訓寺に幽閉された後、淡路に流される途中無実を主張して絶食死しました。その後、桓武天皇の近親者の死が続き、都には悪疫が流行したため、早良親王の祟りと噂されその怨念を鎮めるために延暦19年、崇道天皇と追号し墓を現在の八島陵へ改葬しました。創祀年代は不明ですが、この地が若狭街道の交通の要である事、都の鬼門に当たることなどから、貞観年間(859〜877)以降と推定されます。他に藤森神社・上御霊神社にも崇道天皇が祀られていますが、崇道天皇のみを祭神とするのは、この崇道神社のみです。
崇道神社は奈良末期から平安時代初期の皇族 早良親王をお祀りする。早良親王は、光仁天皇高野新笠の子で桓武天皇の実弟です。延暦4年に起こった藤原種継暗殺計画の首謀者として捕われ乙訓寺に幽閉された後、淡路に流される途中無実を主張して絶食死しました。その後、桓武天皇の近親者の死が続き、都には悪疫が流行したため、早良親王の祟りと噂されその怨念を鎮めるために延暦19年、崇道天皇と追号し墓を現在の八島陵へ改葬しました。創祀年代は不明ですが、この地が若狭街道の交通の要である事、都の鬼門に当たることなどから、貞観年間(859〜877)以降と推定されます。他に藤森神社・上御霊神社にも崇道天皇が祀られていますが、崇道天皇のみを祭神とするのは、この崇道神社のみです。

【住所】 左京区上高野西明寺山町34
【電話番号】 075-722-1486
【拝観時間】 境内自由
【料金】 拝観自由
【アクセス】
京都バス「上橋」から徒歩2分、叡山電車 三宅八幡駅から徒歩8分


【住所】 左京区上高野西明寺山町34
【電話番号】 075-722-1486
【拝観時間】 境内自由
【料金】 拝観自由
【アクセス】
京都バス「上橋」から徒歩2分、叡山電車 三宅八幡駅から徒歩8分


【住所】 左京区上高野西明寺山町34
【電話番号】 075-722-1486
【拝観時間】 境内自由
【料金】 拝観自由
【アクセス】
京都バス「上橋」から徒歩2分、叡山電車 三宅八幡駅から徒歩8分


- 風雅なたたずまいの社寺が点在する里 -


曼殊院門跡〜雄大な自然を表現した仏教的な枯山水庭園〜
天台宗の門跡寺院で五箇室門跡の一つ。 明暦二年(1656年)に現在地へ。 明治初期までは、北野天満宮の管理職(別当)も業務していました。 重要文化財の大書院、小書院、八窓軒茶室、庫裏、名勝の枯山水庭園を始め、狩野探幽・永徳による襖絵などがあります。
天台宗の門跡寺院で五箇室門跡の一つ。 明暦二年(1656年)に現在地へ。 明治初期までは、北野天満宮の管理職(別当)も業務していました。 重要文化財の大書院、小書院、八窓軒茶室、庫裏、名勝の枯山水庭園を始め、狩野探幽・永徳による襖絵などがあります。
天台宗の門跡寺院で五箇室門跡の一つ。 明暦二年(1656年)に現在地へ。 明治初期までは、北野天満宮の管理職(別当)も業務していました。 重要文化財の大書院、小書院、八窓軒茶室、庫裏、名勝の枯山水庭園を始め、狩野探幽・永徳による襖絵などがあります。

【住所】 左京区一乗寺竹ノ内町42
【電話番号】 075-781-5010
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;600円、高校生;500円、中学生以下;400円
【アクセス】
叡山電車 修学院前から徒歩20分、市バス「一乗寺清水町」から徒歩20分

金福寺〜松尾芭蕉・与謝野蕪村ゆかりの寺〜

【住所】 左京区一乗寺竹ノ内町42
【電話番号】 075-781-5010
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;600円、高校生;500円、中学生以下;400円
【アクセス】
叡山電車 修学院前から徒歩20分、市バス「一乗寺清水町」から徒歩20分

金福寺〜松尾芭蕉・与謝野蕪村ゆかりの寺〜

【住所】 左京区一乗寺竹ノ内町42
【電話番号】 075-781-5010
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;600円、高校生;500円、中学生以下;400円
【アクセス】
叡山電車 修学院前から徒歩20分、市バス「一乗寺清水町」から徒歩20分

金福寺〜松尾芭蕉・与謝野蕪村ゆかりの寺〜
佛日山金福寺は貞観6年(864)安恵僧都が慈覚大師・円仁の遺志により創建し、大師自作の観音像を本尊として安置されました。 もと天台宗の寺であったが、後一時荒廃し、江戸時代中期、圓光寺の沢雲長老の法嗣鉄舟和尚が再興し、臨済宗南禅寺派となり今日に至っています。 又、当寺は松尾芭蕉と与謝蕪村にゆかりのある俳句の聖地として、或いは舟橋聖一の歴史小説『花の生涯』などのヒロイン村山たか女の終焉の寺としても知られています。
佛日山金福寺は貞観6年(864)安恵僧都が慈覚大師・円仁の遺志により創建し、大師自作の観音像を本尊として安置されました。 もと天台宗の寺であったが、後一時荒廃し、江戸時代中期、圓光寺の沢雲長老の法嗣鉄舟和尚が再興し、臨済宗南禅寺派となり今日に至っています。 又、当寺は松尾芭蕉と与謝蕪村にゆかりのある俳句の聖地として、或いは舟橋聖一の歴史小説『花の生涯』などのヒロイン村山たか女の終焉の寺としても知られています。
佛日山金福寺は貞観6年(864)安恵僧都が慈覚大師・円仁の遺志により創建し、大師自作の観音像を本尊として安置されました。 もと天台宗の寺であったが、後一時荒廃し、江戸時代中期、圓光寺の沢雲長老の法嗣鉄舟和尚が再興し、臨済宗南禅寺派となり今日に至っています。 又、当寺は松尾芭蕉と与謝蕪村にゆかりのある俳句の聖地として、或いは舟橋聖一の歴史小説『花の生涯』などのヒロイン村山たか女の終焉の寺としても知られています。

【住所】 左京区一乗寺才形町20
【電話番号】 075-791-1666
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;400円、中高校生;200円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩5分、叡山電車一乗寺駅から徒歩20分

詩仙堂丈山寺〜鹿おどしの音が響く庭園〜

【住所】 左京区一乗寺才形町20
【電話番号】 075-791-1666
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;400円、中高校生;200円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩5分、叡山電車一乗寺駅から徒歩20分

詩仙堂丈山寺〜鹿おどしの音が響く庭園〜

【住所】 左京区一乗寺才形町20
【電話番号】 075-791-1666
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;400円、中高校生;200円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩5分、叡山電車一乗寺駅から徒歩20分

詩仙堂丈山寺〜鹿おどしの音が響く庭園〜
寛永十八年(1641年)に、江戸初期の文人・石川丈山が晩年を過ごすために造営した山荘跡。 東に滝を、前庭にサツキの苅込みを配した唐様庭園は丈山自らの設計。 僧都(そうづ:鹿おどし)の音が風情を添えています。
寛永十八年(1641年)に、江戸初期の文人・石川丈山が晩年を過ごすために造営した山荘跡。 東に滝を、前庭にサツキの苅込みを配した唐様庭園は丈山自らの設計。 僧都(そうづ:鹿おどし)の音が風情を添えています。
寛永十八年(1641年)に、江戸初期の文人・石川丈山が晩年を過ごすために造営した山荘跡。 東に滝を、前庭にサツキの苅込みを配した唐様庭園は丈山自らの設計。 僧都(そうづ:鹿おどし)の音が風情を添えています。

【住所】 左京区一乗寺門口町27
【電話番号】 075-781-2954
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;500円、高校生;400円、小中学生;200円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩7分、叡山電車一乗寺から徒歩15分

圓光寺〜紅葉の絨毯広がる景色を楽しむ〜

【住所】 左京区一乗寺門口町27
【電話番号】 075-781-2954
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;500円、高校生;400円、小中学生;200円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩7分、叡山電車一乗寺から徒歩15分

圓光寺〜紅葉の絨毯広がる景色を楽しむ〜

【住所】 左京区一乗寺門口町27
【電話番号】 075-781-2954
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;500円、高校生;400円、小中学生;200円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩7分、叡山電車一乗寺から徒歩15分

圓光寺〜紅葉の絨毯広がる景色を楽しむ〜
徳川家康によって伏見に開かれた学問所が起こり。 寛文七年(1667年)に現在地へと移されました。 庭園は新緑の季節はもちろん、落ち葉で一面埋め尽くされる秋の紅葉が特に有名。 本堂前の水琴窟からは、澄んだ美しい音色が聞こえます。
徳川家康によって伏見に開かれた学問所が起こり。 寛文七年(1667年)に現在地へと移されました。 庭園は新緑の季節はもちろん、落ち葉で一面埋め尽くされる秋の紅葉が特に有名。 本堂前の水琴窟からは、澄んだ美しい音色が聞こえます。
徳川家康によって伏見に開かれた学問所が起こり。 寛文七年(1667年)に現在地へと移されました。 庭園は新緑の季節はもちろん、落ち葉で一面埋め尽くされる秋の紅葉が特に有名。 本堂前の水琴窟からは、澄んだ美しい音色が聞こえます。

【住所】 左京区一乗寺小谷町13
【電話番号】 075-781-8025
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;500円、中高校生;400円、小学生;300円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩7分、叡山電車一乗寺から徒歩15分

狸谷山不動院〜本堂舞台からの京都市内は絶景〜

【住所】 左京区一乗寺小谷町13
【電話番号】 075-781-8025
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;500円、中高校生;400円、小学生;300円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩7分、叡山電車一乗寺から徒歩15分

狸谷山不動院〜本堂舞台からの京都市内は絶景〜

【住所】 左京区一乗寺小谷町13
【電話番号】 075-781-8025
【開門時間】 9時〜17時
【料金】 大人;500円、中高校生;400円、小学生;300円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩7分、叡山電車一乗寺から徒歩15分

狸谷山不動院〜本堂舞台からの京都市内は絶景〜
「タヌキダニのお不動さん」と親しまれ、交通安全・厄よけ祈願・ガン封じのご利益で有名。 また、宮本武蔵ゆかりの武蔵之滝があり、修行場として信仰されてきました。 瓜山の深い森に囲まれ、京都市内が一望できる絶景の場所にあります。
「タヌキダニのお不動さん」と親しまれ、交通安全・厄よけ祈願・ガン封じのご利益で有名。 また、宮本武蔵ゆかりの武蔵之滝があり、修行場として信仰されてきました。 瓜山の深い森に囲まれ、京都市内が一望できる絶景の場所にあります。
「タヌキダニのお不動さん」と親しまれ、交通安全・厄よけ祈願・ガン封じのご利益で有名。 また、宮本武蔵ゆかりの武蔵之滝があり、修行場として信仰されてきました。 瓜山の深い森に囲まれ、京都市内が一望できる絶景の場所にあります。

【住所】 左京区一乗寺松原町6
【電話番号】 075-722-0025
【開門時間】 9時〜16時
【料金】入山料;500円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩15分、叡山電車一乗寺駅から徒歩20分

八大神社〜剣聖宮本武蔵も奉拝した社〜

【住所】 左京区一乗寺松原町6
【電話番号】 075-722-0025
【開門時間】 9時〜16時
【料金】入山料;500円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩15分、叡山電車一乗寺駅から徒歩20分

八大神社〜剣聖宮本武蔵も奉拝した社〜

【住所】 左京区一乗寺松原町6
【電話番号】 075-722-0025
【開門時間】 9時〜16時
【料金】入山料;500円
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩15分、叡山電車一乗寺駅から徒歩20分

八大神社〜剣聖宮本武蔵も奉拝した社〜
一乗寺の氏神様として素戔嗚尊(すさのおのみこと)をお祀りし、方除・厄除・縁結び等の御神徳から崇敬を集めます。 宮本武蔵が吉岡一門との決闘の前に奉拝した神社として知られ、 決闘当時の一乗寺下り(さがり)松古木(まつこぼく)が境内にお祀りされています。
一乗寺の氏神様として素戔嗚尊(すさのおのみこと)をお祀りし、方除・厄除・縁結び等の御神徳から崇敬を集めます。 宮本武蔵が吉岡一門との決闘の前に奉拝した神社として知られ、 決闘当時の一乗寺下り(さがり)松古木(まつこぼく)が境内にお祀りされています。
一乗寺の氏神様として素戔嗚尊(すさのおのみこと)をお祀りし、方除・厄除・縁結び等の御神徳から崇敬を集めます。 宮本武蔵が吉岡一門との決闘の前に奉拝した神社として知られ、 決闘当時の一乗寺下り(さがり)松古木(まつこぼく)が境内にお祀りされています。

【住所】 左京区一乗寺松原町1
【電話番号】 075-781-9076
【開門時間】 境内自由
【料金】 拝観自由
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩7分、叡山電車一乗寺駅から徒歩15分

鷺森神社〜知る人ぞ知る紅葉の名所〜

【住所】 左京区一乗寺松原町1
【電話番号】 075-781-9076
【開門時間】 境内自由
【料金】 拝観自由
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩7分、叡山電車一乗寺駅から徒歩15分

鷺森神社〜知る人ぞ知る紅葉の名所〜

【住所】 左京区一乗寺松原町1
【電話番号】 075-781-9076
【開門時間】 境内自由
【料金】 拝観自由
【アクセス】市バス「一乗寺下り松町」から徒歩7分、叡山電車一乗寺駅から徒歩15分

鷺森神社〜知る人ぞ知る紅葉の名所〜
鷺森神社は最初比叡山麓、赤山明神の付近に祀られていましたが応仁の乱の兵火で罹災し、今の修学院離宮の山林中に移されましたが、 離宮造営にあたり霊元帝の思召しにより現在の鷺の社に社地を賜り、元禄二年六月御遷座になり修学院、山端の氏神社として今日に至っております。
鷺森神社は最初比叡山麓、赤山明神の付近に祀られていましたが応仁の乱の兵火で罹災し、今の修学院離宮の山林中に移されましたが、 離宮造営にあたり霊元帝の思召しにより現在の鷺の社に社地を賜り、元禄二年六月御遷座になり修学院、山端の氏神社として今日に至っております。
鷺森神社は最初比叡山麓、赤山明神の付近に祀られていましたが応仁の乱の兵火で罹災し、今の修学院離宮の山林中に移されましたが、 離宮造営にあたり霊元帝の思召しにより現在の鷺の社に社地を賜り、元禄二年六月御遷座になり修学院、山端の氏神社として今日に至っております。

【住所】 左京区修学院宮ノ脇町16番地
【電話番号】 075-781-6391
【開門時間】 境内自由
【料金】 拝観自由
【アクセス】叡山電車 修学院駅から徒歩6分、市バス「修学院通」から徒歩6分

赤山禅院〜離宮近くの紅葉の名所〜

【住所】 左京区修学院宮ノ脇町16番地
【電話番号】 075-781-6391
【開門時間】 境内自由
【料金】 拝観自由
【アクセス】叡山電車 修学院駅から徒歩6分、市バス「修学院通」から徒歩6分

赤山禅院〜離宮近くの紅葉の名所〜

【住所】 左京区修学院宮ノ脇町16番地
【電話番号】 075-781-6391
【開門時間】 境内自由
【料金】 拝観自由
【アクセス】叡山電車 修学院駅から徒歩6分、市バス「修学院通」から徒歩6分

赤山禅院〜離宮近くの紅葉の名所〜
天台宗総本山・比叡山延暦寺・赤山禅院は京都の表鬼門に位し、赤山大明神(陰陽道の祖神・泰山府君)を皇城の鎮守として祭祀されています。 第3世天台座主・慈覚大師円仁様が若き日、遣唐船で中国にわたり「天台教学」を修められ日本への帰路「航路平穏」を守護して下さった出港地の山神、 赤山大明神様に感謝し、その勧請をご遺命なさいました。それは、赤山大明神様がお大師様の日唐渡海・船旅平安をお守りになられたからです。
天台宗総本山・比叡山延暦寺・赤山禅院は京都の表鬼門に位し、赤山大明神(陰陽道の祖神・泰山府君)を皇城の鎮守として祭祀されています。 第3世天台座主・慈覚大師円仁様が若き日、遣唐船で中国にわたり「天台教学」を修められ日本への帰路「航路平穏」を守護して下さった出港地の山神、 赤山大明神様に感謝し、その勧請をご遺命なさいました。それは、赤山大明神様がお大師様の日唐渡海・船旅平安をお守りになられたからです。
天台宗総本山・比叡山延暦寺・赤山禅院は京都の表鬼門に位し、赤山大明神(陰陽道の祖神・泰山府君)を皇城の鎮守として祭祀されています。 第3世天台座主・慈覚大師円仁様が若き日、遣唐船で中国にわたり「天台教学」を修められ日本への帰路「航路平穏」を守護して下さった出港地の山神、 赤山大明神様に感謝し、その勧請をご遺命なさいました。それは、赤山大明神様がお大師様の日唐渡海・船旅平安をお守りになられたからです。

【住所】 左京区修学院開根坊町18
【電話番号】 075-701-5181
【開門時間】 9時〜16時30分
【料金】 拝観自由
【アクセス】叡山電車 修学院駅から徒歩20分、市バス「修学院離宮道」から徒歩20分

【住所】 左京区修学院開根坊町18
【電話番号】 075-701-5181
【開門時間】 9時〜16時30分
【料金】 拝観自由
【アクセス】叡山電車 修学院駅から徒歩20分、市バス「修学院離宮道」から徒歩20分

【住所】 左京区修学院開根坊町18
【電話番号】 075-701-5181
【開門時間】 9時〜16時30分
【料金】 拝観自由
【アクセス】叡山電車 修学院駅から徒歩20分、市バス「修学院離宮道」から徒歩20分