新しい年の節目に「神宮」へ
お伊勢さんへ初詣に行きましょう

昨年2014年に新しく生まれ変わった「伊勢神宮」
遷宮の翌年、翌々年は新宮に“神々の新鮮な息吹が満ち溢れ
いつもより御利益をいただける”と考えられています

※12月31日〜1月5日まで終日参拝できます。

【お伊勢参りへ行く前に知っておきたいこと】


一、 「神宮」とは
現在の天皇の祖先であり、日本人の総氏神として「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」を祀る『皇大神宮(こうたいじんぐう)』、通称 内宮(ないくう)と、衣食住を司る神である「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」を祀る『豊受大神宮(とようけだいじんぐう)』、通称 外宮(げくう)。
この2つの正宮と14の「別宮」、43の「摂社」、24の「末社」、42の「所管社」からなる125社の総称です。



【お伊勢参りへ行く前に知っておきたいこと】


一、 「神宮」とは
現在の天皇の祖先であり、日本人の総氏神として「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」を祀る『皇大神宮(こうたいじんぐう)』、通称 内宮(ないくう)と、衣食住を司る神である「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」を祀る『豊受大神宮(とようけだいじんぐう)』、通称 外宮(げくう)。
この2つの正宮と14の「別宮」、43の「摂社」、24の「末社」、42の「所管社」からなる125社の総称です。



【お伊勢参りへ行く前に知っておきたいこと】


一、 「神宮」とは
現在の天皇の祖先であり、日本人の総氏神として「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」を祀る『皇大神宮(こうたいじんぐう)』、通称 内宮(ないくう)と、衣食住を司る神である「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」を祀る『豊受大神宮(とようけだいじんぐう)』、通称 外宮(げくう)。
この2つの正宮と14の「別宮」、43の「摂社」、24の「末社」、42の「所管社」からなる125社の総称です。


二、 参拝の順序
時間があれば外宮と内宮、両宮にお参りしましょう。
まずは外宮をお参りし、次に内宮へお参りするのがならわしです。
さらに時間が有る方は、ゆっくりと歩きながら別宮にも行ってみましょう。
時間のない方は外宮、内宮、どちらか片方だけでもかまいません。


二、 参拝の順序
時間があれば外宮と内宮、両宮にお参りしましょう。
まずは外宮をお参りし、次に内宮へお参りするのがならわしです。
さらに時間が有る方は、ゆっくりと歩きながら別宮にも行ってみましょう。
時間のない方は外宮、内宮、どちらか片方だけでもかまいません。


二、 参拝の順序
時間があれば外宮と内宮、両宮にお参りしましょう。
まずは外宮をお参りし、次に内宮へお参りするのがならわしです。
さらに時間が有る方は、ゆっくりと歩きながら別宮にも行ってみましょう。
時間のない方は外宮、内宮、どちらか片方だけでもかまいません。


三、 参拝できる時間
1月〜4月・9月   5:00〜18:00
5月〜8月       5:00〜19:00
10月〜12月     5:00〜17:00

※12月31日〜1月5日まで終日参拝できます。

三、 参拝できる時間
1月〜4月・9月   5:00〜18:00
5月〜8月       5:00〜19:00
10月〜12月     5:00〜17:00

※12月31日〜1月5日まで終日参拝できます。

三、 参拝できる時間
1月〜4月・9月   5:00〜18:00
5月〜8月       5:00〜19:00
10月〜12月     5:00〜17:00

※12月31日〜1月5日まで終日参拝できます。

四、 お伊勢参り モデルプラン
伊勢神宮のHPにて
観光にあてることのできる時間によって3つのモデルプランを見ることができます。
・半日コース
・一日コース
・一泊二日でゆっくりコース



四、 お伊勢参り モデルプラン
伊勢神宮のHPにて
観光にあてることのできる時間によって3つのモデルプランを見ることができます。
・半日コース
・一日コース
・一泊二日でゆっくりコース



四、 お伊勢参り モデルプラン
伊勢神宮のHPにて
観光にあてることのできる時間によって3つのモデルプランを見ることができます。
・半日コース
・一日コース
・一泊二日でゆっくりコース



2015年の締めに伊勢神宮へ...

人の一生には様々な節目があります。今年の報告を、式年遷宮で新しいお宮に神様が遷られた「伊勢神宮」へ届けましょう!

成人、結婚、厄年(やくどし)、還暦(かんれき)、年祝(古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿)、結婚記念日(満25年:銀婚式・満30年:真珠婚式・満50年:金婚式)やお子様の着帯日、初宮、初節句や七五三など、人の一生には様々な節目があります。

伊勢市では、毎年5月に「数え80歳以上」の高齢者を伊勢神宮に招く「延寿大々神楽(えんじゅだいだいかぐら)」が行われています。
神楽を奉奏して長寿と健康を祈願する行事で、お守りや湯飲みなどの記念品のほか、80歳の人には宮域林のヒノキで作り、「神宮」の印を入れた「延寿杖つえ」も贈っています。

成人、結婚、厄年(やくどし)、還暦(かんれき)、年祝(古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿)、結婚記念日(満25年:銀婚式・満30年:真珠婚式・満50年:金婚式)やお子様の着帯日、初宮、初節句や七五三など、人の一生には様々な節目があります。

伊勢市では、毎年5月に「数え80歳以上」の高齢者を伊勢神宮に招く「延寿大々神楽(えんじゅだいだいかぐら)」が行われています。
神楽を奉奏して長寿と健康を祈願する行事で、お守りや湯飲みなどの記念品のほか、80歳の人には宮域林のヒノキで作り、「神宮」の印を入れた「延寿杖つえ」も贈っています。

成人、結婚、厄年(やくどし)、還暦(かんれき)、年祝(古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿)、結婚記念日(満25年:銀婚式・満30年:真珠婚式・満50年:金婚式)やお子様の着帯日、初宮、初節句や七五三など、人の一生には様々な節目があります。

伊勢市では、毎年5月に「数え80歳以上」の高齢者を伊勢神宮に招く「延寿大々神楽(えんじゅだいだいかぐら)」が行われています。
神楽を奉奏して長寿と健康を祈願する行事で、お守りや湯飲みなどの記念品のほか、80歳の人には宮域林のヒノキで作り、「神宮」の印を入れた「延寿杖つえ」も贈っています。


これまでの成長に感謝の真心を捧げ、新たな決意と共に飛躍につながるよう、その折々に報告の参拝をしましょう。


これまでの成長に感謝の真心を捧げ、新たな決意と共に飛躍につながるよう、その折々に報告の参拝をしましょう。


これまでの成長に感謝の真心を捧げ、新たな決意と共に飛躍につながるよう、その折々に報告の参拝をしましょう。

天皇の祖先であり、日本人の総氏神として「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」を祀る『皇大神宮(こうたいじんぐう)』通称 内宮(ないくう)と、衣食住を司る神である「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」を祀る『豊受大神宮(とようけだいじんぐう)』通称 外宮(げくう)。
この両宮の「神楽殿」では、祝賀と祈願のご祈祷をあげることができます。

※詳しくは・・・伊勢神宮さんHP
天皇の祖先であり、日本人の総氏神として「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」を祀る『皇大神宮(こうたいじんぐう)』通称 内宮(ないくう)と、衣食住を司る神である「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」を祀る『豊受大神宮(とようけだいじんぐう)』通称 外宮(げくう)。
この両宮の「神楽殿」では、祝賀と祈願のご祈祷をあげることができます。

※詳しくは・・・伊勢神宮さんHP
天皇の祖先であり、日本人の総氏神として「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」を祀る『皇大神宮(こうたいじんぐう)』通称 内宮(ないくう)と、衣食住を司る神である「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」を祀る『豊受大神宮(とようけだいじんぐう)』通称 外宮(げくう)。
この両宮の「神楽殿」では、祝賀と祈願のご祈祷をあげることができます。

※詳しくは・・・伊勢神宮さんHP

日々の感謝を届けに、そして人生の節目の折々に、神宮の神楽殿でご祈祷をあげて心清かに充実した日々を過ごしましょう。

   エクシブ鳥羽 おすすめ宿泊プランは・・・ こちら をご覧ください

日々の感謝を届けに、そして人生の節目の折々に、神宮の神楽殿でご祈祷をあげて心清かに充実した日々を過ごしましょう。

   エクシブ鳥羽 おすすめ宿泊プランは・・・ こちら をご覧ください

日々の感謝を届けに、そして人生の節目の折々に、神宮の神楽殿でご祈祷をあげて心清かに充実した日々を過ごしましょう。

   エクシブ鳥羽 おすすめ宿泊プランは・・・ こちら をご覧ください