神戸ルミナリエ


だいぶ肌寒くなって参りましたね。

あっという間に2019年も残り2ヶ月。
年々1年の経過が早く感じるようになってきています・・・。

気象庁の寒候期予報によると、今年は暖冬の可能性が高いとのこと。
例年寒い寒い冬を味わってきましたが、
今年は少しだけ寒さが和らぐでしょうか。


皆様、神戸の冬といえば・・・神戸ルミナリエ!!!
お忘れでないですか!?

「神戸ルミナリエ」は今年で第25回を迎えます。

阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂と都市の復興・再生への夢と希望をもって
今年も開催されます!!

期間は、12月6日〜12月15日の10日間。

2019年も様々な自然災害がありました。
被災地域との絆と交流を深め、
大震災の記憶を永く後世に語り継いでいくイベントとなっておりますので
皆様お誘いあわせのうえお越しください!!

お泊りはどうぞサンメンバーズ神戸で♪♪♪
だいぶ肌寒くなって参りましたね。

あっという間に2019年も残り2ヶ月。
年々1年の経過が早く感じるようになってきています・・・。

気象庁の寒候期予報によると、今年は暖冬の可能性が高いとのこと。
例年寒い寒い冬を味わってきましたが、
今年は少しだけ寒さが和らぐでしょうか。


皆様、神戸の冬といえば・・・神戸ルミナリエ!!!
お忘れでないですか!?

「神戸ルミナリエ」は今年で第25回を迎えます。

阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂と都市の復興・再生への夢と希望をもって
今年も開催されます!!

期間は、12月6日〜12月15日の10日間。

2019年も様々な自然災害がありました。
被災地域との絆と交流を深め、
大震災の記憶を永く後世に語り継いでいくイベントとなっておりますので
皆様お誘いあわせのうえお越しください!!

お泊りはどうぞサンメンバーズ神戸で♪♪♪
だいぶ肌寒くなって参りましたね。

あっという間に2019年も残り2ヶ月。
年々1年の経過が早く感じるようになってきています・・・。

気象庁の寒候期予報によると、今年は暖冬の可能性が高いとのこと。
例年寒い寒い冬を味わってきましたが、
今年は少しだけ寒さが和らぐでしょうか。


皆様、神戸の冬といえば・・・神戸ルミナリエ!!!
お忘れでないですか!?

「神戸ルミナリエ」は今年で第25回を迎えます。

阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂と都市の復興・再生への夢と希望をもって
今年も開催されます!!

期間は、12月6日〜12月15日の10日間。

2019年も様々な自然災害がありました。
被災地域との絆と交流を深め、
大震災の記憶を永く後世に語り継いでいくイベントとなっておりますので
皆様お誘いあわせのうえお越しください!!

お泊りはどうぞサンメンバーズ神戸で♪♪♪

北野異人館街のスタバ


ホテルから徒歩15分ほどのところに、北野異人館街がございます。

北野異人館街は洋館が建ち並ぶ地域なのですが、
その洋館を利用したスターバックスがございます。

写真がその店舗なのですが、異人館街の風景に溶け込んだこのスタバ。

元々の建物を残し、当時を感じさせる建具やフローリングを活かし、
各部屋に合わせた調度品を配置しています。
そして、そこがイートインのスペースとして利用できるのです。

部屋ごとに趣の異なる空間がオシャレで、
どこに座ろうかと悩むはず。

なかなか珍しいスターバックスの店舗。

スタッフおすすめです♪

08:00〜22:00(不定休)
ホテルから徒歩15分ほどのところに、北野異人館街がございます。

北野異人館街は洋館が建ち並ぶ地域なのですが、
その洋館を利用したスターバックスがございます。

写真がその店舗なのですが、異人館街の風景に溶け込んだこのスタバ。

元々の建物を残し、当時を感じさせる建具やフローリングを活かし、
各部屋に合わせた調度品を配置しています。
そして、そこがイートインのスペースとして利用できるのです。

部屋ごとに趣の異なる空間がオシャレで、
どこに座ろうかと悩むはず。

なかなか珍しいスターバックスの店舗。

スタッフおすすめです♪

08:00〜22:00(不定休)
ホテルから徒歩15分ほどのところに、北野異人館街がございます。

北野異人館街は洋館が建ち並ぶ地域なのですが、
その洋館を利用したスターバックスがございます。

写真がその店舗なのですが、異人館街の風景に溶け込んだこのスタバ。

元々の建物を残し、当時を感じさせる建具やフローリングを活かし、
各部屋に合わせた調度品を配置しています。
そして、そこがイートインのスペースとして利用できるのです。

部屋ごとに趣の異なる空間がオシャレで、
どこに座ろうかと悩むはず。

なかなか珍しいスターバックスの店舗。

スタッフおすすめです♪

08:00〜22:00(不定休)

歴史ある神戸


神戸の街は、開国を機に様々な国の文化が入ってきました。

そのおかげで、神戸には異国情緒溢れる街並みがあり
たくさんの市民や観光客を魅了しています。

しかし、時代の流れの中で神戸空襲や阪神淡路大震災により
歴史ある建物が壊れてしまったのも事実です。

新しい建物や新しい道路に整備され、
また美しい街へと変わっていっています。

しかしその新しい街の中にも、
歴史あるものが残っている箇所があるのですが
実はあまり知られていません。


今日は、街の中で使用されている歴史あるものをご紹介いたします。

神戸は、阪神淡路大震災よりもずっと前、
1945年に神戸大空襲を受けています。
有名なアニメ映画【火垂るの墓】も神戸大空襲のお話です。

が、それよりも前。

1936年に今の阪急神戸三宮駅が建設されました。
実はこの駅の西口は、今もなおその当時のものを使用しているそうなんです。
(写真がその西口になります)


東口は、震災により一度解体されたようですが
西口は今もその姿を留めてくれていました。

そのことを知り、改めて改札付近を見てみると
歴史的な佇まいがノスタルジックで、レトロ調の雰囲気が、
その当時はとてもモダンだったんだろうなと憶測されます。

天井からぶら下がっている電気も、
今ではなかなか見られないデザインで素敵です。

80年以上も前は、ここをどんな人たちが利用していたのか・・・。
今とは全く違う装いをした人たちが利用していたのでしょう。

戦前、戦後、高度成長期やバブル期を経て、
現代の今も同じようにここを利用している・・・・・・


ちょっと想像するだけで、わくわくしてしまいます。


ちょうど今2021年竣工を目指し、阪急神戸三宮駅の工事が行われています。

ここも美装工事はされるようなのですが、
この雰囲気は残したままにしてもらえるようです。


戦争も震災も耐え抜いたこの歴史ある駅。
散策の途中に見学してみてください。
神戸の街は、開国を機に様々な国の文化が入ってきました。

そのおかげで、神戸には異国情緒溢れる街並みがあり
たくさんの市民や観光客を魅了しています。

しかし、時代の流れの中で神戸空襲や阪神淡路大震災により
歴史ある建物が壊れてしまったのも事実です。

新しい建物や新しい道路に整備され、
また美しい街へと変わっていっています。

しかしその新しい街の中にも、
歴史あるものが残っている箇所があるのですが
実はあまり知られていません。


今日は、街の中で使用されている歴史あるものをご紹介いたします。

神戸は、阪神淡路大震災よりもずっと前、
1945年に神戸大空襲を受けています。
有名なアニメ映画【火垂るの墓】も神戸大空襲のお話です。

が、それよりも前。

1936年に今の阪急神戸三宮駅が建設されました。
実はこの駅の西口は、今もなおその当時のものを使用しているそうなんです。
(写真がその西口になります)


東口は、震災により一度解体されたようですが
西口は今もその姿を留めてくれていました。

そのことを知り、改めて改札付近を見てみると
歴史的な佇まいがノスタルジックで、レトロ調の雰囲気が、
その当時はとてもモダンだったんだろうなと憶測されます。

天井からぶら下がっている電気も、
今ではなかなか見られないデザインで素敵です。

80年以上も前は、ここをどんな人たちが利用していたのか・・・。
今とは全く違う装いをした人たちが利用していたのでしょう。

戦前、戦後、高度成長期やバブル期を経て、
現代の今も同じようにここを利用している・・・・・・


ちょっと想像するだけで、わくわくしてしまいます。


ちょうど今2021年竣工を目指し、阪急神戸三宮駅の工事が行われています。

ここも美装工事はされるようなのですが、
この雰囲気は残したままにしてもらえるようです。


戦争も震災も耐え抜いたこの歴史ある駅。
散策の途中に見学してみてください。
神戸の街は、開国を機に様々な国の文化が入ってきました。

そのおかげで、神戸には異国情緒溢れる街並みがあり
たくさんの市民や観光客を魅了しています。

しかし、時代の流れの中で神戸空襲や阪神淡路大震災により
歴史ある建物が壊れてしまったのも事実です。

新しい建物や新しい道路に整備され、
また美しい街へと変わっていっています。

しかしその新しい街の中にも、
歴史あるものが残っている箇所があるのですが
実はあまり知られていません。


今日は、街の中で使用されている歴史あるものをご紹介いたします。

神戸は、阪神淡路大震災よりもずっと前、
1945年に神戸大空襲を受けています。
有名なアニメ映画【火垂るの墓】も神戸大空襲のお話です。

が、それよりも前。

1936年に今の阪急神戸三宮駅が建設されました。
実はこの駅の西口は、今もなおその当時のものを使用しているそうなんです。
(写真がその西口になります)


東口は、震災により一度解体されたようですが
西口は今もその姿を留めてくれていました。

そのことを知り、改めて改札付近を見てみると
歴史的な佇まいがノスタルジックで、レトロ調の雰囲気が、
その当時はとてもモダンだったんだろうなと憶測されます。

天井からぶら下がっている電気も、
今ではなかなか見られないデザインで素敵です。

80年以上も前は、ここをどんな人たちが利用していたのか・・・。
今とは全く違う装いをした人たちが利用していたのでしょう。

戦前、戦後、高度成長期やバブル期を経て、
現代の今も同じようにここを利用している・・・・・・


ちょっと想像するだけで、わくわくしてしまいます。


ちょうど今2021年竣工を目指し、阪急神戸三宮駅の工事が行われています。

ここも美装工事はされるようなのですが、
この雰囲気は残したままにしてもらえるようです。


戦争も震災も耐え抜いたこの歴史ある駅。
散策の途中に見学してみてください。

おすすめのカフェ


今日は、おすすめのカフェをご紹介します。

ホテルから歩いて10分少々のところにある【フロインドリーブ】

長い歴史を持つ神戸の老舗ベーカリーで、
1999年登録文化財の登録を受けた施設です。

古い教会の礼拝堂を改装した開放的な吹き抜けが美しく、
ランチやティータイムのお時間をお過ごしいただくのはどうでしょう。

隣の工場で作る焼きたてのパンが有名で
近くを通るだけで、焼きたてのパンの香ばしいにおいが!!!

1階にあるショップでは、焼き菓子やドイツパンも販売。

神戸のお土産として渡すと、喜ばれること間違いなしです。
今日は、おすすめのカフェをご紹介します。

ホテルから歩いて10分少々のところにある【フロインドリーブ】

長い歴史を持つ神戸の老舗ベーカリーで、
1999年登録文化財の登録を受けた施設です。

古い教会の礼拝堂を改装した開放的な吹き抜けが美しく、
ランチやティータイムのお時間をお過ごしいただくのはどうでしょう。

隣の工場で作る焼きたてのパンが有名で
近くを通るだけで、焼きたてのパンの香ばしいにおいが!!!

1階にあるショップでは、焼き菓子やドイツパンも販売。

神戸のお土産として渡すと、喜ばれること間違いなしです。
今日は、おすすめのカフェをご紹介します。

ホテルから歩いて10分少々のところにある【フロインドリーブ】

長い歴史を持つ神戸の老舗ベーカリーで、
1999年登録文化財の登録を受けた施設です。

古い教会の礼拝堂を改装した開放的な吹き抜けが美しく、
ランチやティータイムのお時間をお過ごしいただくのはどうでしょう。

隣の工場で作る焼きたてのパンが有名で
近くを通るだけで、焼きたてのパンの香ばしいにおいが!!!

1階にあるショップでは、焼き菓子やドイツパンも販売。

神戸のお土産として渡すと、喜ばれること間違いなしです。

神戸市役所展望ロビー


神戸市役所には24階に神戸の街を見渡せる展望フロアがございます。


海側も山側も眺められるスポットはなかなか貴重で
晴れていれば対岸の紀伊半島まで見渡すことができます。

無料でこのフロアに上がることができ、
10時から15時までの間であれば、ボランティアの方が、
街並みや観光スポットの説明もしてくれます。

夜になればもちろん夜景も見ることができるので
散策の途中に立ち寄ってみてください。

中にはレストランやカフェもございます。


開放時間(平日) 8:15〜22:00
開放時間(土日祝) 10:00〜22:00
休館日 年末年始(12月29日〜1月3日)
神戸市役所には24階に神戸の街を見渡せる展望フロアがございます。


海側も山側も眺められるスポットはなかなか貴重で
晴れていれば対岸の紀伊半島まで見渡すことができます。

無料でこのフロアに上がることができ、
10時から15時までの間であれば、ボランティアの方が、
街並みや観光スポットの説明もしてくれます。

夜になればもちろん夜景も見ることができるので
散策の途中に立ち寄ってみてください。

中にはレストランやカフェもございます。


開放時間(平日) 8:15〜22:00
開放時間(土日祝) 10:00〜22:00
休館日 年末年始(12月29日〜1月3日)
神戸市役所には24階に神戸の街を見渡せる展望フロアがございます。


海側も山側も眺められるスポットはなかなか貴重で
晴れていれば対岸の紀伊半島まで見渡すことができます。

無料でこのフロアに上がることができ、
10時から15時までの間であれば、ボランティアの方が、
街並みや観光スポットの説明もしてくれます。

夜になればもちろん夜景も見ることができるので
散策の途中に立ち寄ってみてください。

中にはレストランやカフェもございます。


開放時間(平日) 8:15〜22:00
開放時間(土日祝) 10:00〜22:00
休館日 年末年始(12月29日〜1月3日)